So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
れびゅー ブログトップ
前の3件 | -

元旦の青空に鶴が羽ばたくようで [れびゅー]

[わーい(嬉しい顔)]みなさま年末年始は如何お過ごしでしたか?今年はお正月は無かったよ。という方も仕事で大変だったって方も体調を崩されちゃったという方も・・・e.t.c. いらっしゃるかと思いますが もう今日は関東(関西では15日までというところもあるようですね。)では松の内も終わり。そして昨日から 寒さの本番である寒の入りとなりました。

DSCN9944.JPG
花びら餅。これを食べると新年だと思うのです。[レストラン] 

これからが一年でいちばん寒い時期の到来。みなさま体調を崩されませんように。改めまして拙いごった煮ブログですが本年もよろしくお願い申し上げますと共に レギュラー記事更新を開始したいと思います。[メモ]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[レストラン] くっきんぐのこ~な~ [レストラン] フエルトクラフトはまだ冬眠中なのですが 毎年最初の記事は 恥ずかしげもなく(一応免許を持っているだけのタイムリーえせ料理人の)おいらの意地と一年間の包丁納めの心算で料理したおせち料理の覚書的記録として記事にUPさせていただきます。(今年もおせち材料預金始めなくちゃだわさ。[ふらふら])例年とあまり変わり映えしないYO![レストラン]

DSCN9922.JPG

一の重 (右上から時計回りで)ケシの実をまぶした福豆<空豆みたいなの>/紅白なます※/黒豆+青梅+ちょうろぎ/かずのこ土佐漬※/若桃の糖漬け/栗きんとん/伊達巻/紅白かまぼこ/サーモンのかいわれ巻※/イクラしょうゆ漬 以上 10品 ※印のもの以外は市販品です。

DSCN9923.JPG

二の重 (右上から時計回りで)レンコンの甘酢煮/高野豆腐/うずら※/田作り/カモ肉のスモーク※/ニシンの昆布巻※/どんこきのこの甘煮/たけのこの煮物/ふきの青煮/梅花にんじん+矢羽さやいんげん 10品 ※印のみ市販品(以外はすべて調理)

DSCN9924.JPG

三の重(右上から時計回りで)鶏もも肉照り焼き/豚バラ肉角煮/鶏旨肉だんご/ぶり照り焼き/くわゐ素揚げ/きんぴらごぼう/里芋の煮物/こんにゃくのオランダ煮 8品(全て調理)

DSCN9927.JPG
オプションで海老の姿焼きを添えて。

今年は紅白なますが復活。それに市販品ですが”若桃の糖漬け”が 気になって購入したら大当たり![プレゼント]初めて食べたんですが梅干しサイズの桃の若い実を 崩れない寸前まで柔らかく砂糖煮して漬け置いたもののようで すごく爽やかなデザート感覚の一品。口に含むとふわ~っと桃の香りが広がってもうなんだか し・あ・わ・せ![ハートたち(複数ハート)]ひと足もふた足も早く春を感じたような美味しさ。献上品にも用いられるようで 福島や山梨や和歌山などで名産品として販売されているようです。大晦日の昼過ぎには重箱に詰め終わっていたんですが もうやっと肩の荷が下りたという瞬間昨年も味わいました。まだ忘れてしまうところもあるので家にだいぶ前からある料理本を参考にしているんですが そのおかげか我が家なりの味を例年通り作れたことが幸いでした。毎年変わり映えしない画像なので サードブログの方に皿盛りしたヴァージョン違いのおせちも記録がてらUPしておきますので よろしかったらご覧くださいね。[サーチ(調べる)]ヴァージョン違いの皿盛りタイプおせち 2019
             *************************
[るんるん]今年のレギュラーれびゅ~第一段は 昨年の引き続きというわけではないのですが40年まえの元旦にリリースされた作品(初荷)で 元旦の昼間に郵便局に行く途中雲ひとつない快晴の空を見上げたら 一年の一番初めの日がこんなにも清々しい青空で始まってじ~んときそうになりこの歌を聴きたい衝動にかられたのですね。多分年明け早々にこの方がキャスターを務める[TV]テレビ番組を見た(毎年楽しみで見ているので)余韻が残っていたのでしょうね。([カメラ]その青空画像はセカンドブログにも記事にもUPしてあるのですが 今記事のラストにもアングル違いでUPしておきます。)[るんるん]
DSCN9945.JPG 「天までとどけ」 さだまさし 1979年01月01日発売 13枚目のソロシングル ジャケットは同曲を収録したベスト盤CD 現在ではミュージシャン以外にも多方面で活躍されているさだまさしさんですが 現在音楽等作品を発売している 御自身の事務所が1978年10月に設立したレコードレーベル(Free Fright)の第一弾作品として1979年の元旦(流通の関係で前年末に発売されていたレコード店もありました)に初荷としてリリースされた記念すべき作品でもあります。つまり今からまる40年前の正月にめでたくリリースされたわけなんですね。さだまさしさんといえば デビューした時に活動されていたグレープの「精霊流し」「雪の朝」「無縁坂」等からソロ活動に移行され「雨やどり」「吸殻の風景」「案山子」「檸檬」等ヒット作品をリリースしていたワーナー・パイオニア(現ワーナー・ミュージック・ジャパン)の傘下にてフリーフライト・レコードを設立移籍して1979年はターニングポイントとなる 後にとんでもない大ヒット作を発表する一年になったわけなんですよね。そのまさに第一歩となって初春に大ヒット。幸先の良いスタートを切ったんですね。ミディアムテンポの作品ですが 目の前に広がるどこまでも広い青空を見上げ 心の中を全て洗われるようなスケールの大きな作風が 清々しい気持ちに誘ってくれます。おいらはこの頃 特にさだまさしさんを好きだったわけでもないんです(山口百恵さんの「秋桜(コスモス)」の作者というくらいで)が 日曜日に一日中良く聴いていたラジオ番組(音楽番組)で良く耳にするようになり ”曲が” 気になり始めた頃なのでした。それはオリジナルのレコードやCDなどの音源で聴いてもらうと判るのですが サビに入りかけたところ ”舞いあがれ”という歌詞の後に効果的に聴こえるベースのブーンっという音がなんだか気になってしまったからなんですね。想像する目の前にそれは大きな熱気球が見えて来るようで ゴム状なのかな気球の膨らむ部分がどんどん熱で膨らみ その生地状の物がブーンとハウリングしているようで やがてどんどん青すぎる空に舞い上がって行く壮大感に その年小学校を卒業し中学校に入学するという新たな希望を感じているようなことを 置き換えて例えるような空想をしていたのでしょうね。今でもそのニュアンスが生理的に思い出されるからなのです。多分 年の初めの一年の計ではありませんが 子供心に何か抱いた気持ちがあったんでしょうね。


この作品の後7月に あの「関白宣言」が10月に
「親父の一番長い日」(12インチシングル)が連続
大ヒットし さだまさしにとって大ターニングポイントと
なるのが40年前の1979(昭和54)年の事なのでした。
(再生をクリック後 アンダーラインクリックで別タブ
再生できます/YOUTUBE別タブ。)       
*************************
DSCN9930.JPG


元旦に見たどこまでも澄みきった快晴の空に見たのは めでたい紅白のクレーン。クレーンの意味を知っておられる方って意外と少ないかもしれませんが クレーンと英語で言われる単語には ”鶴”という意味が別にあるのです。建設現場には俗語でいろんな動物がいるんですよ。クレーンもそうですが いわゆる梯子はモンキー・タラップと呼ばれ猿ともいいます。また荷運びの一輪車はネコというんですね。もうかなり前になりますが おいらはこんなクレーンの組み立てとか解体も経験していたことがありました。今では懐かしいことです。あ!脱線。元旦の青空に紅白の鶴が めでたく羽ばたくような想像をしたんですよ!そんなスナップなんです。[目]

レギュラー第一弾から長くなってしまいましたが 今年も気負いなくいろんなことを記事にしたためられたらなと思っております。お時間がありましたら是非。次回更新は まだ未定ですが1/13 0:01頃に更新出来たらと思っております。みなさん風邪など召されませんように。それでは ぐな~ぃ![夜]


nice!(110)  コメント(58) 
共通テーマ:音楽

今年もここまで来れました! [れびゅー]

[モバQ][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]早いものですね。クリスマスもあっという間に過ぎて行き 今年もとうとう もういくつ寝ると!の如く五本指のカウントダウンが始まってしまいました。もうどうにでもなれと おいらはほんの僅かなコマ仕事を残し例年通り(えせ料理人/免許を持っているだけの!)包丁納めと決めている我が家のおせち料理の準備に着手し始めました。[レストラン]焦った所で始まらないですものね。あとは大晦日の除夜の鐘が鳴り終わる前に 今年も無事に一年を過ごすことが出来ましたと手を合わせることが出来れば・・・滑りこみセーフで無事終えられれば それが今年一番の幸せかもしれないなと思えれば良いかなと。[目]今記事は 今年のレギュラー記事最後の更新となります。ちなみに 今年最後の記事は当ブログは 12/31のごあいさつ記事がLAST。セカンド&サードブログは12/28がLAST記事更新となります。[メモ]

DSCN9841.JPG
今年は紅葉がまだ残っている?!銀杏なんですが高く
青すぎる空をバックに映える冬木立が妙に清々しくて。
DSCN9878.JPG
備忘録/十数年かかったのかな?クリスマス前に念願
だったTポイントカードの利用可能ポイントが 1万
ポイント貯まりました。[手(チョキ)]額面で壱万円分。無駄遣い
は出来ないけれど 何か記念になる物を購入する足し
に使いたいな。年の瀬最後にひとつ達成出来たことに
ぷち達成感を感じるおいらなのでした。[プレゼント][モバQ]    
*************************

[るんるん]さ~てと レギュラー記事で今年最後の一曲はどうしようかな?と思い 今年買った新譜(いわゆる今まで発売されていない新曲扱いの[CD]CD等音源)の中から選ぼうかなと思っていたのですが・・・。いやはや 今年もCDは十数枚買っているんですが 新譜扱いのCDはコレクターとなって以来 約40年近くで初めて一枚しか買ってない状況に。厳密にいえば 今年リリースされた物の中でということですが 十数枚買ったCDの内訳が 中古で買ったものや旧譜扱いとなるBEST盤のような内容やコンピレーションと呼ばれる編集物やオムニバス盤ばかり。幾ら最新の流行歌に疎くなったとはいえ ほんと何がヒットしたのかって判らないんですよね。安室奈美恵さんが引退されて BEST盤がミリオンセラーを獲得しましたが おいらはだぶる曲のCDを持っていたり 新しくヴォーカルを録り直したものは正直欲しくなかったので結局買わずじまい。年末になって DA PUMP(ダ・パンプ)の「U.S.A.」がそういえば聴いたことあるな!と思ったぐらいで ほんとに流行が判らなくなってしまった一年でした。そういえば宇多田ヒカルも所属メーカーを移籍してアルバムを出したのはうっすら覚えているけれど 購買意欲は掻き立てられなかったな。でもね。リ・イシューされた70~80年代の作品は洋邦問わず欲しい物が沢山あり過ぎて 余裕が無くて買えなく諦め状態になってるのは まだ沢山あるんですよね。10億かも~ん![わーい(嬉しい顔)]脱線だ~っ!ということで作品的にもなんですが おいらが今年の一曲に選出したのは こちら![るんるん]

DSCN9850.JPGDSCN9853.JPG 「最後の恋/富士山だ」 増田恵子 2018年02月21日発売 ソロとしての9枚目のシングル。二曲はダブルプッシュ(昔で言う両A面扱い)の13年ぶりのシングルなのですが おいらがれびゅ~させていただくのは「富士山だ」の方なんですね。否 新譜が出ると聴いて急いでゲトして聴いた時 正直びっくりしてひっくり返りそうなくらいかなりの衝撃でした![がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]というのも 増田恵子さんことピンク・レディーのケイさんは スモーキーでややかすれた感じの性質で ソロとしての第一弾で大ヒットを記録した「すずめ」(1981年11月28日発売 作詞作曲:中島みゆき)に代表される どちらかというと地味で暗い感じの作品からイメージとしては この「富士山だ」は全く想像がつかないぶっ飛び状態に おいら唖然としちゃったもん。これホントに増田恵子なの?!って またリズム的にもこんなにポップで明るくて弾ける作品って なかったんですよ。アルバムの中の作品も含めて。繰り返しますが もう初めて聴いた時は これ冗談?嘘でしょ?!ってCDの盤面の曲目確認しちゃいましたもの。

もうイントロが終わり初めから”富士山だ!”の繰り返しがキャッチーというより ”え゛っ?!”って固まっちゃいましたもん。実は ”密林”の この[CD]CDのれびゅーがあるんですが おいらは”網めろん”名義でだらだらとれびゅー書いてたりするんです。ひゃはは。(興味がありましたらご覧くださいね。)[爆弾]そこにも書いてあるんですが この”富士山だ”の繰り返しの部分 おいらは富士山に雲(頭をちょこんと出して!)が立ち込めて雷[雷][雷]がとどろくようなイメージで ”FUJI THUNDER(フジ サンダ―)”に聴こえるみたいな気がしちゃって ぷちかっちょえ~じゃん!って思ったりもしたんですね。そして更に驚くなかれ。この曲はもともとは 故阿久 悠さんの詞に 「知床旅情」「百万本のバラ」「難破船」「この空を飛べたら」「ひとり寝の子守唄」等の大ヒットで知られる加藤登紀子さんが曲を作られ 富士山の世界遺産登録申請や 富士山の日を制定されたことをきっかけに2012年にリリースされたのを 加藤登紀子さんがこの歌は あなたに歌って欲しいと提供されたのが増田恵子さんが歌うきっかけになったんですよね。加藤登紀子さんのそれまでに類を見ない作風にもびっくりでしたが もうとにかく聴いているだけで 素直に元気になっちゃう感じにノックアウトされたのが 何かと世知辛い世の中 のんびり気楽に行こうよ!と追い風を吹かせてくれているみたいで おいらはこの曲をもっと多くの人に知っていただきたくて 今年最後のれびゅ~に選出されたわけなんです。PVでは [いい気分(温泉)]銭湯から出てきた増田恵子さんが最後に腰に手を当て 瓶入りコーヒー牛乳を一気飲みする所が これまた意表をついちゃってね。[わーい(嬉しい顔)]あ!ジャケットが小さくて見難いんですが 髪に富士山の髪飾り 衣装は雪を被った富士山をイメージしたかなりフレアーなレース状のペチコートみたいなのがこれまたキャッチーで!おいらは ケイさんのプロ根性に正直脱帽するだけなのでした。新譜が御無沙汰しちゃってますが(商品自体!)CMが話題になっている未唯さん(おいらやっぱり未唯さんの方が好きかも![パンチ][爆弾])も来年は新曲リリースしてくれないかな。(「しあわせしずおか」のカセットテープもいつかは CD化してくれないかな。)今年最後のれびゅ~は 熱のこもり過ぎで長くなっちゃいましたが 良かったらYOUTUBEご覧くださいね!静岡・山梨両県の富士山山麓に お住まいの方はこの踊りと歌 必須なのかな?!富士山の応援歌!ケイさんのヨーデルみたいな転調ボーカルも聴きどころ!それにPV最後でハイヒールと[カラオケ]マイクを忘れないところは 流石ピンク・レディーゆえのプロ根性か・・・?![るんるん]


*************************
DSCN0233.JPG
夕陽に浮かぶ 富士山だ![わーい(嬉しい顔)]

今年最後のレギュラー記事は 長くなってしまいましたが 今最後の締め部分をかいている時点で 今年も更新が間に合うか心配だったり 画像が無くなっちゃいそう!とか 今いろんなことが思い出されます。気負うことって殆ど無いんですが 書き出しちゃうと止まらないのがおいらの悪い癖。拙い記事を読んで下さる皆様の事を考えずに長くなっちゃうのが玉に傷なんですよね。でも 今年もやり遂げたかなと充実感はかなりあるんです。来る新年も おいららしく綴ることが出来たらそれで良いかなと思っています。
そしてこのブログがあるのは お越し下さるみなさんあってのものなんです。心より感謝の気持ちを込めて 今年のレギュラー記事を締めくくりたいと思います。本年もみなさんありがとうございました。私のわがまま聞いてくださってありがとう。。。しあわせになります。(←これが脱線の素。[たらーっ(汗)]
次回記事更新は 12/31 0:01の ごあいさつ記事となります。[メモ] 帰省されたりお出掛けされる方も多いかもしれませんね。またおいら同様 これからもうひと頑張りという方も!みなさん どうか佳い年をお迎えくださいね。それでは 今回はこのあたりにて。ぐな~ぃ![夜]


nice!(103)  コメント(62) 
共通テーマ:音楽

盆も過ぎゆき・・・夏の疲れ? [れびゅー]

なんとかお盆も過ぎましたが やはりというか結構体調的にきつい感じです。[ふらふら]食欲や睡眠欲は ばっちしあるんだけれども どうも背負うものを全て抱えられないような倦怠感。もう夏の疲れが出て来ちゃっているのかな。急がないことは もう後回しにしているけれど これが年齢からくるものなのかな・・・?今回は 簡易更新です~ぅ。[メモ]

DSCN0185.JPG
通りすがりの塀で![かわいい]うちの朝顔は 種まきが遅れて
ようやっとつるが巻いて来てるんだけど まだつぼみが
ついて咲くのは時間がかかりそう。。。       

*************************

[プレゼント]フエルト・すい~つのコーナーは 全く手がつけられない時間の無さのため 今回はお休みです。ぺこり。[バースデー]

DSCN6098.JPG
過去の作品から!(ホール・セパレート兼用)[バースデー]

*************************

[るんるん]今回の一曲は やはり今年もこの歌を口ずさみたくなる時期がやってまいりました。例年お盆の三日間が過ぎ 施餓鬼会の卒塔婆を墓に供えようとする 夏の黄昏(一日の夕暮では無くて 夏と言う季節の夕暮れ)を感じ始め傾き始めた陽を見た後 まぶたを閉じその中に残像のようなまぶしさとざわめく蝉時雨に一瞬クラッとしそうになる頃に どうにもやるせなく さいはての退廃的を今回の作品に託し ひとり気だるさを感じたくなる。今年もこの時期が来たか・・・。[るんるん]
DSCN8618.JPG 「八月の濡れた砂」 石川セリ 1972年03月05日発売 デビュー曲「小さな日曜日」のカップリング。前年1971年08月25日公開 同名の藤田敏監督作品の主題歌。井上陽水 夫人(依布サラサ/長女)。この作品は映画主題歌として その後の作品とは全く毛色が違いますが。セリさんの怪しく気だるい雰囲気は その後の作品以上にアンニュイで歌謡曲全盛のバタ臭さが加わり 他に類を見ない独特な世界感においらは陶酔してしまうのです。(セリさんは どうも魔女のようなイメージがあり 魔王の旦那様と日々ご自宅の秘密部屋で 媚薬を煮込んでいるような想像をしてしまうのですね。)
以降コンスタントに作品を発表されて J-POP(ニューミュージック)の創世記から1980年代中頃まで 「朝焼けが消える前に」「ダンスはうまく踊れない」「ムーンライト・サーファー」「パールスター(真珠星)」「BOY」「キ・サ・ラ恋人」をはじめヒット作を発表。子育てを中心にされて一時活動を休止されていた時期もありましたが 御自身のペースでの活動をされているようです。また あまりマスメディアへの登場が無いのも またデビュー当時からの神秘的なイメージを継承する?要因になっているのかもしれないですね。今回はもう一曲同じく石川セリさんの作品なんですが NHKの少年ドラマシリーズ[つぶやき岩の秘密]の主題歌になった 4枚目のシングル「遠い海の記憶」(1974年08月25日発売)も一緒に れびゅ~です。この二曲を夏の終わりかけた頃に聴くと 無性に寒気がして来ちゃって(わざとやるんだけどね!)現実逃避しちゃうのですよ!もうへとへとで暑い所から 冷房ガンガンにかかっているような 喫茶店とかに入って注文した後に ふっと一瞬記憶が飛んじゃうような 危なっかしい錯覚みたいな気分になっちゃうのです。(決して 人様にうしろゆび指されるような 危険ことは一切していませんよ!)そんな怪しい呪文を唱えるような世界感がセリさんの魅力なんだと思うんです。


「八月の濡れた砂」
(再生マークをクリック後 アンダーバー部分を再クリック)
別タブでyoutubeが見れます。(最近埋込み面倒だね。[たらーっ(汗)]
※「遠い海の記憶」は こちら から!
*************************
DSCN0205.JPG  DSCN0202.JPG
備忘録 2018年お盆
DSCN0204.JPG
例年通り 蓮の花と葉をイメージした三色しらたまを
作りましたよ![わーい(嬉しい顔)][レストラン]               
DSCN0213.JPG
[かわいい]7月の上旬に知り合い宅から 株分けしてもらった
月下美人の茎から花芽が出てきた[exclamation×2]上手く大きく
なって今期中に咲いてくれるかな[exclamation&question]      
今は 2cmくらいだけれど楽しみ~っ。[目]   

今回も いつもお越し下さるみなさんのブログヘのおじゃまとコメントのお返しが遅れる可能性が大きいです。皆様も だんだん夏の疲れが出てくる頃かもしれませんので どうかご無理なくお身体第一でお過ごしくださいね。次回更新は未定ですが 一応8/23 0:01としておきます。[メモ]それでは 今回はこのあたりにて ぐな~ぃ![夜]



nice!(102)  コメント(37) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | - れびゅー ブログトップ