So-net無料ブログ作成
ごあいさつ ブログトップ
前の3件 | -

新たな年の幕開けをお喜び申し上げます! [ごあいさつ]

[ぴかぴか(新しい)]  謹賀新年 2019  [ぴかぴか(新しい)]
[るんるん][演劇] A HAPPY NEW YEAR!! [演劇][るんるん]

DSCN0347.JPG
千葉県北西部湾岸地域から 港(東京湾)越しに望む富士山!

あけましておめでとうございます
旧年中は 当ブログ及びセカンド・サードブログにお越しいただきましてありがとうございます。拙いブログですが本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます


[るんるん]恒例となりましたこの曲で 今年も幕明けを[るんるん]
DSCN9665.JPG 「春の海」 宮城道雄 作曲(1929年)やはりこの名作は欠かせない音楽だって感じるのは 日本人の性(さが)なのでしょうね。目まぐるしい日常から 喧騒を一瞬でも忘れさせてくれる 日本古来から引き継がれるヒーリング・ミュージック・環境音楽の代名詞であるこの作品は 昭和 平成と受け継がれ今年新たの元号の世にも きっと引き継がれて行くことでしょう。新たな年の幕開けのなかで 心洗われる箏の音が疲れた日常から解き放ってくれるんですよね。 




もう初詣に行ってきたよ!今初詣に向かっているところ!そんな方も多いかもしれませんね。まもなく寒の時期もやってきますね。暖冬とは言えどやはり寒いに越したことは無いのですよね。みなさん暖かくされて松の内(今年は無しよ!って方もいらっしゃるかと思いますが)をお過ごしくださいね。
改めまして本年もどうぞよろしくお願い申し上げますと共に 簡単ではありますが皆様のご健康ご多幸を願い新春の御挨拶にさせていただきます。[わーい(嬉しい顔)]

本年もブログ・エンジンを提供くださっております Sony Network Communications Inc./So-netブログスタッフ様方におかれましては 今年もお世話になりますと共に 貴社様の更なる御飛躍ご繁栄を願っております。

平成三十一年 (二〇一九年) 元旦
      きまぐれ MUSIC-BANK ☆彡  ゆうのすけ


nice!(114)  コメント(78) 
共通テーマ:音楽

今年も大変お世話になりました。 [ごあいさつ]

SPECIAL ARTICLE 2017 LAST EDITION!!
DSCN9868.JPG
今年最後に制作したフエルトクラフトの鏡餅!

みなさま平成最後となる大晦日を如何お過ごしでしょうか。年の瀬も残すところわずかな時間となってしまいました。本年も拙いブログですが 沢山の皆様とわずかながらも時間を共有することが出来ました。そして いつもごった煮状態でご覧いただくのに疲れちゃうようなブログに 沢山の nice! やコメントをいただきました。ありきたりですが ありがとうございますという言葉しか見当たらず感謝するばかりです。

この記事は予約投稿ですが 今おせちの最終段階を調理している私も 無事に一年を終えられる見通しが付く所まで来られました。

[るんるん]恒例となりましたが 今年も最後の一曲は この作品で締めさせていただきたいと思います。[るんるん]

DSCN9663.JPG 「A HAPPY NEW YEAR」 松任谷由実 1981年11月01日発売 18枚目のシングル(「夕闇をひとり」カップリング/同日発売12枚目のアルバム『昨晩お会いしましょう』に収録)平成最後の大晦日となる今夜 松任谷由実さんは 紅白のステージで 「私が好きなユーミンのうた~紅白スペシャル~」と題された歌唱を御披露して下さるんですよね。まだ何が披露されるか詳細判りませんが この作品もちょこっと顔を出してくれるかな?などと期待しているのですが。メドレー的なステージになるのかな?今年最後の楽しみなおいらなのです。そして紅白というと 最後に勝敗が決定して「蛍の光」のあと 演出装置の大型クラッカーが華々しく舞い[行く年来る年]の画面と共に除夜の鐘が響きだす頃 一年を無事に終えられそうな安堵の気持ちと 数分後に幕明ける新年への期待を感じる ぷち緊張な瞬間に おいらは過去に何度かこの作品の ピアノのイントロが聴こえてくるような気がして なんだか身震いしちゃうような神妙な気持ちになることがありました。今年も数時間後に感じるかもしれない。おいらにとっては この作品はこれからも新しい年を迎える度に気持ちを切り替えるルーティーンのような存在であるんじゃないかなと エヴァ―グリーンな一曲に今年も再び昇華するのです。ずっとずっと。


[プレゼント]皆さまにとって間もなく幕開けとなる新しい一年が
      健やかで喜び多い一年になりますように!
[わーい(嬉しい顔)]

重ね重ねとなりますが 本年も沢山の皆様に支えられて当ブログの最後の締めをすることが出来ます事に感謝申し上げます。また 本年もブログエンジンを提供くださいました Sony Network Communications Inc./So-netブログスタッフ皆さまにも感謝と共に 貴社様の来たる新年のさらなる飛躍を願い本年の当ブログを終了させていただきます。来たる新年(新年第一弾記事は 1/1 0:00予約更新)もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

平成30(2018)年 大晦日
        きまぐれ MUSIC-BANK ☆彡 ゆうのすけ
 


SPECIAL THANKS TO

          (POWERED BY)So-net BLOG.

2018年12月31日 0:00 現在

メイン・ブログ きまぐれ MUSIC-BANK ☆彡 記事数:1,129 (画像等ファイル) 930MB/1000MB 画像数:3,350 nice!:87,308 PV:11,282,199 RSS:106 

サブ・ブログ きまぐれ SILENT-BEAT ♫~ 記事数:346 (画像等ファイル) 886MB/1000MB※ 画像数:3,513 nice!:1,044 PV:83,151 RSS:5  (※きまぐれ MUSIC-BANK ☆彡 記事使用画像を含む)

サード・ブログ きまぐれ JELLY-BEANS !! 記事数:19 (画像ファイル) 253MB/300MB※ 画像数:1,071 nice!:100 PV:11,799 RSS:3  (※きまぐれ MUSIC-BANK ☆彡 記事使用画像を含む)


nice!(81)  コメント(45) 
共通テーマ:音楽

ありがたく 巡ってくるもの! [ごあいさつ]

[ひらめき]みなさま いつもお忙しい中 お越し下さいましてありがとうございます。週一記事更新で 先日3日前(2/28)に更新いたしましたが やはりこの拙いブログもお越しくださる皆様あってのおいらのブログですので 今回は簡易的ではありますが お礼の意味を込めて特別更新をさせていただきます。[わーい(嬉しい顔)]
[メモ] 前記事も絶賛公開中です~っ![サーチ(調べる)] 前記事:今年も卒業の季節来たり! 

DSCN0285.JPG
今年は 念願の”おいしい”ひし餅をいただきました。[レストラン]

年々月日が巡ってくる(※時は過ぎてゆくというよりも 巡ってくるものなんだと教えてくれたのは おいらのバイブル的映画 [時をかける少女] 1983年 監督 大林宣彦/主演 原田知世 でのひとつのセリフから。)早さが増してきているような気がしてならないのですが そんな中 今年も 桃の節句がやってきました。おかげ様で 2010年の桃の節句 0:00に初めてのブログ記事をUPすることにより始まった おいらのブログ生活が 今日まる八年を迎え九年目に突入することが出来ました。[わーい(嬉しい顔)]ありがとうございます。毎記事更新する度に どうして簡潔に記事をまとめられないかな?いつも長くなっちゃって お越しくださるみなさんは きっと読みづらいだろうな・・・。なんて思うんですけれどね。何かと飽きっぽい性格のおいらが こうしてブログ無き生活は考えられないと思い続けて来れているのは ひとえに いつもお越し下さるSo-netブログの大切な皆さん そして通り過ぎていただくだけでもありがたい 一期一会を感じさせて下さる方々のおかげだと感じております。

これからも拙いブログですが あ!更新しているな。またおばかなことやらかしてるな。などと感じていただけるだけで そしてみなさまのお時間の許される時に おこがましいですが ひと休みして下されるブログであれば とても有難く感じます。簡単ではありますが御礼の気持ちを今記事に記したいと思います。感謝。[目]

DSCN0273.JPG
*************************

[るんるん]今回の一曲は おいらが生まれてからこれまで聴いたあらゆる音楽の中で 常に五本指に入るくらい大好きな歌で きっとこれからもそれは変わらないであろう一曲を。一番最初のこのブログの記事にも登場させていただいた おいらにとっても大切な一曲。そして とても大きな言葉ですが おいらがいつもこういう気持ちであれたらなと (かなりおこがましいですが)座右の銘であって欲しい ”一期一会”という大切に思う言葉を 歌にしたらこうなのであろうなと思う一曲です。[るんるん]

DSCN0268.JPG 「歌い継がれてゆく歌のように」 山口百恵 1977年05月21日発売 アルバム『百恵白書』に収録。おいらがこの曲を知ったのは 山口百恵さんが1980年3月に婚約発表と同時に引退を発表され 百恵フィーヴァーが吹き荒れはじめ カウントダウンの如く始まった ニッポン放送のラジオ番組[ソニーナイトスクエア 夢のあとさき(日曜 22:00~22:30)1980年4~10月]を聴くようになってから。この作品が番組のテーマ・ソングなんですが 引退まであと何週間、何日、最後の日を迎えるまで繰り返し聴く度に その壮大さにとても心振るわされて 何かとても大切なことを感じさせてくれました。ゆくゆくは 百恵さんの最後のシングル盤となった「一恵」にも 御自身が書かれた詞の一番初めに登場する ”一期一会”という言葉と重なって おいら心の中のかなり深いところまでささり沁みわたる存在の一曲となるのです。

出逢いと別れを題材にした作品ですが 感情的というのではなく とても安心するゆったりとした 大きな存在に包容力に包まれずにはいられなくなるんですね。武道館で行われた最後のステージでは ラストの「さよならの向う側」の前に歌われ なんとも言えない気持ちの高鳴りをさらに昇華させるような気持ちに誘うのでした。
おいらは それからというもの 幾度か経験した(心に刻み込まなくてはきっと後悔するという)場面で大切だなと思う瞬間に この歌に心を共感したくなってしまうのでした。今記事の書き出しで バイブル的映画に触れましたが この作品はバイブル的音楽の一曲であるのです。(作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童/編曲:萩田光雄)厳密に言っちゃうとこのアレンジで無いとダメなのです。後にリアレンジされるヴァージョンもあるのですがこころはあまり揺れ動かないのです。


*************************
DSCN0243.JPG
近所でカンヒザクラが咲いていました。[かわいい]

先日 毎月届くブログレポートをチェックしていたら セカンドブログ[きまぐれ SILENT-BEAT ♫~]が 開設から5年7カ月 サードブログ[きまぐれ JELLY-BEANS !!]が0年11カ月になっている(特にセカンドの方)のにも ちょっと驚いてしまったわけです。まぁ どのブログも毎日ではないから 日記というのでなく 週記?や月記?になっているんですけれどね。[がく~(落胆した顔)] 今のペースが 時には 時間がない~っ!って時もあって 記事書き終えたのが 更新前ギリギリになることもありますが ノルマではなく 無理なく楽しみながら続けて行けることが出来たら それが一番じゃないかと思うのです。重ね重ねになりますが よろしかったら これからもどうぞ宜しくお願い申し上げますと記して 今回の記事を締めたいと思います。

次回更新は 3/9 0:01に 更新出来ればと思っております。[メモ] 雪や突風 気温や気圧の乱高下 春の荒天に見まわれているところも少なくありませんが 皆様お身体の調子を崩されませんように。素敵な週末を。今回はこのあたりにて ぐな~ぃ。[夜]


nice!(116)  コメント(61) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | - ごあいさつ ブログトップ