So-net無料ブログ作成

長月のきざし [1978年のヒット曲]

ふと思い浮かんだ。前記事で 年相応に無理は利かなくなってくるというようなことを書いたのですが 今年も例に漏れることなく 子供の頃・学生の頃 (夏季や冬季の)長期休暇前に出された宿題が終わらなかったことを思い出すのでした。おいらの頃は (夏休み)二学期の始まるのは9/1だったので 今年のカレンダーでいえば 9/1は土曜 翌日は日曜だから 実質授業が開始されるのは 9/3の月曜!ゆえに8/31に宿題が終わらなくても ちょっと猶予が伸びたと感じることだろう。[わーい(嬉しい顔)][ふらふら]それでも終わらないから 連日徹夜でうとうとしながら宿題をやったるんですが 今はもう仕事であっても 徹夜は正直きついんですよね。で徹夜と言うことを実感するようになったのは おいらの場合受験勉強とかでなく 長期休暇前の宿題をこなすためだったんですね。今 記憶にあるのは小学校の頃。6年生の夏休みには徹夜を体験していたんですよ。それがおいらの”徹夜のことはじめ”!中学の頃には深夜放送を聴いていたこともあるから おいらの徹夜はかれこれ 〇十年も前に始まってたなんてことがふと思い浮かんだわけ。褒められたことじゃないけれどね・・・。あはは。[爆弾] みなさんは きっと計画立てて宿題に追われることなんか無かったんだろうな。。。[exclamation&question]

DSCN0291.JPG
せっかく買ったのに使わなきゃね!外仕事用だけど。
*************************

[アート] フエルト・すい~つのコーナー [バースデー] 今回は スイーツではないんですが 今までに 練習用やプレゼント用で数回作っていますが ヴァリエーションで いつか作ってみたいなと思っていたモノを。すぐにわかっちゃうんだけどね。まだ制作中につき 記事を二回に分けて今回は一回目。[プレゼント]

DSCN0258.JPG  DSCN0259.JPG
今回はパーツ数が多いんですよ。紫色と黄緑色の直径約
6cmの丸型生地は 全部で18枚。同じものを18個作らな
くてはならないのが最大の難所。途中で嫌になってきちゃ
うから(右上の)綿を詰めた球形のパーツを交互に黄緑
黄緑と縫って行きます。それでも嫌になっちゃうから
お茶にしたりブログ巡りしながら・・・。 [アート]     
DSCN0261.JPG
次のパーツは 刺繍なんですが これでどうやら何を
作っているか判るかと思います。旬のものですよね!
DSCN0270.JPG
今回はあまりやらない ランニング・ステッチって刺繍
の縫い方なんですが 多少の違いはありますが 表から
見ても裏から見ても縫い目が変わらない刺繍で。  [バースデー]
ここまでで6割方かな。次回はそれぞれのパーツを組み
立ててゆきます。お楽しみに。[手(チョキ)]          
**************************

[るんるん]今回の一曲は 前回に引き続き1978年(40年前)のシリーズです。前回はピンク・レディーの人気と売り上げに翳りが見えてきたのかも?というのと アイドル人気や歌謡曲の勢いにも陰りが見えてきたというところまで ごたごた書いたんですが 1978年(昭和53年)の今頃8月の末の時点で やがて流行歌の主導を見せるようになるニューミュージックの台風の目が発生し始めたという一曲を。以前にも何度か取り上げていますが グループ人気で賑わうニューミュージック系アーティストの中で ソロと言うスタンスで大ブレイクする作品が 8月末に発売になったのでした。ちなみに女性ソロのニューミュージック系はイチ早くヒットを出していますが「飛んでイスタンブール」庄野真代「たそがれマイ・ラブ」大橋純子「かもめが翔んだ日」渡辺真知子「東京ららばい」中原理恵に続き 月が明け9月になって発売される強力台風が「みずいろの雨」八神純子と女性ソロは 次々と大ヒットを発生させて来るんですね。今回の一曲は 男性ソロとして 堀内孝雄 谷村新司 さだまさし・・・と個性的な男性ソロの中で またも強力な個性を持って 前年のデビューからジワリジワリと北から人気に火が付きます。[るんるん]
DSCN0267.JPG 「季節の中で」 松山千春 1978年08月21日発売 5枚目のシングル 初期からの代表作の一曲 このタイアップを取ると大ヒット間違いなしと今では言われている アーモンドチョコレートのCMソングとしてテレビ・ラジオから流れあっという間に売り上げのチャートをかけのぼり頂点を射止めることになるのですが 当時はテレビには一切出ないというのが売りになっていて おいらもお気に入りの一曲になり このレコードを買いましたが 上記ジャケットに見られる サングラスをかけて ほんのちょっとしか見えない表情に どんな人なんだろうという謎の方が先に来てしまい 同じように(ステージ以外で)動く姿を見ることが出来ない存在に引きつけられたのは ある意味作戦だったのではないかとも今になっては思うんですよね。北海道を中心にデビュー前(レコードデビューは「旅立ち」1977年01月25日)から大人気の活躍で この作品が全国区の人気を得るようになったきっかけと言うのは間違いない事実です。おいらはこの作品でランキングトップを獲得して [TV][ザ・ベストテン]で生歌を聴くまでは とにかくまだ雑誌やアルバム(LPレコード)なんて買う余裕なんて無いし レコード屋さんで他のシングルのジャケット「かざぐるま」「時のいたずら」「青春」を見るくらいしか その表情を知ることはなかったから 同時期に人気を博していた Char(チャー)にどことなく似ているような気がする?くらいの印象しかなかったんですね。(カリメロさん元気かな?)そして これが最初で最後だろう?と言われた[ザ・ベストテン]の出演でギターを持ち せつせつと自身の言葉で語り始めた(予定時間を大幅に過ぎてしまいこの後に歌う予定だった山口百恵さんは 当日歌えなくなってしまったんですね。「絶体絶命」)松山千春さんを見た時 おいらは正直なんかイメージしていたのと違うかも。なんて思っちゃったわけでした。[爆弾](良い意味ですごく素朴で荒削りで!)でもって レコードでだけ「季節の中で」を知っていたから ギター一本で弾き語って歌う作品にも違和感を感じたのでした。(小学生のガキが 弾き語りなんか知らないし今でもね おいらはレコードやCDとして発売される音源が 基本ベースだと思っちゃう偏りがあるんですね。ライブってどちらかと言うと苦手だからね。余計に衝撃的だったわけ。今は多少は生もいいと思うけれどね。)このレコードはとにかく何十回と聴いた覚えがある。小学校6年生には 北海道と言う環境も知らないし(同学年の銀狼さんが生まれてからずっと住んでたなんて勿論知らないしね。[爆弾]くしゃみしてるかも!)この曲のアレンジ(曲調)でいろんなことを想像するわけ。(例えば 間奏で ストリングスに絡まる ド~ン!という音があるんだけれど 断崖絶壁のようなところに 冬の海の大きな波が叩きつけるようなイメージだったりね。)今よりも もっとその頃の方が 想像を働かせ 貪欲な音楽の聴き方をしてたかもしれない。のちに自叙伝となる[足寄より]を買って読むんだけれど 本嫌いのおいらが一番最初に読んだ[本]ハードカバーだったのでした。(いまだにね 北見と言うとメイゾン・マヤって思い浮かべちゃうわけ![爆弾])あ~脱線![電車]
武勇伝はいろいろその後もありますが おいらはその一本気のような心の強さは ちょっと影響されたかもしれない。最近では 病気で体調を崩されたりと言う記事が週刊誌を賑わせたりしていますが 心配だったりします。北海道と言う地に憧れを持つようになったのは おいらは[TV][北の国から]よりも松山千春さんかもね!「大空と大地の中で」あの作品を 北海道の大地で聴いてみたい。それがひとつの夢なんですね。ちなみに今のところ松山千春さんのシングル作品で一番好きなのは「夜よ泣かないで」かな。


イントロから始まってサビ前で ”デュ~ン”って感じの
転調前の音が入ると毎回ゾクゾクして来ちゃう![ぴかぴか(新しい)] 
*************************
DSCN0287.JPG

今年も海へは行けないかもな。週末にはもう長月。[リゾート]

今年もバイオリズムが低迷する時期。最近は気にしないけれど ようやく忙しなすぎる今年の夏も終わりが見えてきそう。明日は義父の三回忌。旅立った者は早いと言うけれど その年月と同じだけおいらも年を重ねて行く 残された親も年だし おいらも自分の理想の思うがままに生きるという事は出来ないけれど 出来るだけため息をつかないように 余裕を持って行ければと思う夏の終わりなのでした。例年のことながら 間もなくユーミンの「晩夏-ひとりの季節-」 竹内まりや「SEPTEMBER」 稲垣潤一「夏のクラクション」矢沢永吉「ひき潮」「さめた肌」が無性に聴きたくなって来ることだろう。

今回はこのあたりにて。次回更新は 9/4 0:01の予定です。[メモ]残暑が続くなら そろそろ乾いた暑さになって欲しいです。みなさまも引き続き 夏の疲れが出て来そうな頃 御自愛くださいね。では ぐな~ぃ。[夜]

[ひらめき][ひらめき][ひらめき] 明日(8/30 木)は早くから法事なので 今夜の皆様のブログヘのお邪魔と コメントのお返しがかなり遅れてしまうかもしれません。ご了承くだされば幸いです。いつも当ブログへのお越し大変ありがとうございます![わーい(嬉しい顔)]


nice!(105)  コメント(45) 
共通テーマ:音楽

チョコのように日焼けしていたっけ。 [1978年のヒット曲]

一昨日の施餓鬼会で 先祖供養の卒塔婆を供え墓参りを済ませて今年の盆も全ての行事が無事済みました。細かなことは秘密なんですが 今年の盆は昨年の坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)の後遺症で動くに動けなかった同時期以上に目まぐるしくて パニック障害を再び感じちゃうのかな?!なんてくらい気持ちの余裕と身体が付いて行かないもどかしさで 仕事も延期してもらってペースを落とした数日間でした。年を重ねることを言い訳にはしたくないけれども 諸先輩方が仰るが如くどこかしら無理が利かなくなってくる 年代に入ろうとしているのかなと思うことが多くなりました。大病をしているとか全くないんですけれどね。流行歌の歌詞にありますが ”年が経つのはナゼこんなに早いのだろう・・・親も年だし・・・” なんて他人事じゃないなとつくづく思うのでした。(時間に追いまくられて ついて行けないだけなので 病気とかってわけじゃないのでご心配ありませんように!)[モバQ]

DSCN0150.JPG
知り合い宅の子供プール。お邪魔して足を浸かること
もなく夏が過ぎて行ってしまうような気がする。。。
*************************

[アート] フエルト・すい~つのコーナー [バースデー] ようやっと新作の制作に取り掛かることが出来ました。今回は 前々回の鬼盛りフルーツショートと全く趣が逆な感じの大人っぽいモノが完成しました。イメージとしては 夏の終わりに”日に焼けた褐色の肌を涼しい秋の涼風が醒まして行く新しい季節の入り口”という感じでしょうかね。でも寂しくは無いんですよ。BITTERだけれど濃厚な中にSWEETな趣を![喫茶店]

DSCN0217.JPG  DSCN0219.JPG
生地も先取りの深い色。右は詰めたスポンジです![アート]

DSCN0221.JPGDSCN0223.JPG
左はトッピング用生地。左下のベースに飾って行きます!
DSCN0222.JPG  DSCN0226.JPG
今回はチョコレートベース。背面は薄いチョコで!
DSCN0229.JPG
トップの薄巻きチョコが一番のアクセント。いつもより
絞りクリームも大きめに添えてみました。冷ケースから
出したらすごく細かな水滴がチョコの表面を飾るかも!
DSCN0231.JPG
今回の作品は ビター&スウィートな夏の思い出を回顧
しながら ティールームのウィンドウ越しに残暑を見つ
めて・・・。傍らに。そんなチョコレートケーキを。 [バースデー]
今回の一曲とは関係ありませんが BGMには有線放送
から流れて来る 「音楽のような風」EPO を。 [プレゼント]
*************************

[るんるん]今回の一曲は 再び1978年(40年前)シリーズに戻っての一曲。おいらは新曲がどんなのかって 楽しみで楽しみで!溜まりに溜まった夏休みの宿題をどうしようかと困惑(否かなり焦っていた。)しながらも その夏に大ヒットをしていた「モンスター」のレコードを飽きもせずに聴いていたのだけれど。。。夏休み明けの9月に入ってすぐにリリースされた新曲なのですが 今思い返すと このあたりから人気の陰りとやがて台頭してくるニューミュージックの時代 そして70年代アイドル歌謡曲 華々しい歌謡曲にも季節の陰りが見え始めてきたのだと考えるのです。おいらは解散(今は解散やめ!しています。)した後も二人をずっと追いかけているから 約一年後の夏 ファン離れが良く見え始めてきたころから こころない”まだ あんなの好きなのがいるんだ!”って言葉にショック!!を覚えたのでした。[るんるん]

DSCN0109.JPG 「透明人間」 ピンク・レディー 1978年09月05日発売 9枚目のシングル。流行歌を数字で見るというのはあまり好きではないのですが この作品は同年初頭(発売は前年12月05日)から猛威を振るい代表作となった「UFO」でセールス面では頂点を築き 続く「サウスポー」「モンスター」とミリオンセールスを連発。年末には 「UFO」で日本レコード大賞 「サウスポー」で日本歌謡大賞 をはじめ数々の音楽賞をさらい時代の象徴となり まさに1978年はピンク一色!ピンク・レディーで明けピンク・レディーで暮れた一年になりました。デビュー2作目となる「S・O・S」から「透明人間」の次の作品となる「カメレオン・アーミー」まで 9作連続のシングル売り上げ一位 そして4作目となる「渚のシンドバッド」から「ウォンテッド(指名手配)」「UFO」「サウスポー」「モンスター」までの5作品が連続で100万枚越えのミリオンセラーと当時ではありえない記録を樹立して行きました。しかし今作の「透明人間」は売り上げのトップを獲得していても 売り上げが約90万枚と。次作「カメレオン・アーミー」では約70万枚と落ち込みが目立つようになるんですよね。しかしそれまでが異常なぐらいの人気でしたので 子供の人気が中心になり始めて 青年層のファン離れ(ここで見えてくるのが ニューミュージック人気の台頭)が数字の上で見え隠れしてくるんですね。
変わって売り上げランキングに新顔として売り上げを伸ばして来るのが ゴダイゴ アリス ツイスト 甲斐バンド サザン・オール・スターズ・・・等 特にニューミュージックでもグループ勢の活躍が 流行歌の次の流れになって行くんですね。さらに翌年のピンク・レディーのシングル第一段「ミラクル伝説 ジパング」をはじめ1979年にリリースされた作品は 30万枚を超えれなくなってしまうんですね。いつぞやテレビで 未唯(MIE/ミー)さんが ”「ジパング」からレコード買わなくなった人が・・・。”と冗談交じりに言ってましたが 多大な功績はあるものの人気の陰りは正直当時のファンもやきもきしてた人は少なくなかったのでしょうね。その後の作品はかなり完成度の高い作品が解散時期までリリースされますが 多くに人に届かなかったのはちょっと残念だったなとおいらは感じるのでした。(アメリカ進出後 「KISS IN THE DARK」以降の作品は 等身大の 未唯さん 増田恵子さんの本当の魅力が歌唱にもサウンド面でも輝いているのですね。おいらは後期の作品に再びスポットライトが当たればいいなと思うのです。[わーい(嬉しい顔)]後期の作品だ~ぃ好き!ハ〇キルーペだ~ぃ好きじゃない![爆弾]


*************************
DSCN0195.JPG
水を抜いて立てかけたプールの先には やがて高く青い
空が目にしみる季節が待っているのかもしれない。 [目]


施餓鬼会のあった21日は 子供たちの登校日のようでした。おいらは決して夏は嫌いじゃなくて 子供の頃から好きなんだけれども ここ数年は猛暑!酷暑!激暑!そんなおかしな陽気だから 嫌になっちゃうんですね。極端に人工的な暑さじゃなかったら 今でも夏は大好きだと思う。時々記事にも書いていますが 十数年前の九州南部地域の夏の気候が 関東の今の陽気になってきた的に思えても 十数年前の九州南部の気候は暑くても 人工的な暑さでは決してなかったと思う。世界中で おかしな陽気になっているようだし なんかねその陽気に人の生活や考え方行動もかなり影響されているみたいにも思うんですよね。今来年のことを言ったら 鬼が笑うだろうけれど 今年も 来年こそは子供の頃 学生の頃 社会に出てからの頃・・・夏がとても嬉しかった頃の陽気の夏に戻って欲しい。そう一番に願ってしまう八月の後半のおいらなのでした。[リゾート]

次回更新は 8/29 0:01の予定です。皆様夏の疲れが出易い時期です。残暑も続きそう。御自愛くださいね。それでは ぐな~ぃ。[夜]

追 記 ・・・ 20180824  06:30 前記事にUPした月下美人のつぼみが倍くらいの4cmになったのですが 台風の影響か強い風でもげてしまいました。残念。[もうやだ~(悲しい顔)] 次のつぼみが付くのを待ってみましょうか。[かわいい]

DSCN0254.JPG

追 記 2 ・・・ 20180825 02:00 なんか今回は追記多いな。[たらーっ(汗)]

DSCN0255.JPG

久しぶりの期間限定 mow フレーヴァーは ”ソルティバターキャラメル” 夏場に濃厚キャラメルはどうよ?!なんて思いながら一口食べたら・・・。「ばか~ん!んまいじゃん![わーい(嬉しい顔)]」たしかに MOWの売りである濃厚加減は健在なんだけれど 冷たさを感じながらも 塩加減がなかなか後味を断ち切ってくれる感じで 熱中症対策にも良いんじゃないの?!なんて思い浮かんじゃいました。(^^)今回は コンビニではなく(スーパー)マルエツにてげと![レストラン] りぴ ありげですね![目]

わすれな・めも ・・・ 20180825 23:15 昨日の午後(20180824) 髪の毛を切る。


nice!(112)  コメント(57) 
共通テーマ:音楽

盆も過ぎゆき・・・夏の疲れ? [れびゅー]

なんとかお盆も過ぎましたが やはりというか結構体調的にきつい感じです。[ふらふら]食欲や睡眠欲は ばっちしあるんだけれども どうも背負うものを全て抱えられないような倦怠感。もう夏の疲れが出て来ちゃっているのかな。急がないことは もう後回しにしているけれど これが年齢からくるものなのかな・・・?今回は 簡易更新です~ぅ。[メモ]

DSCN0185.JPG
通りすがりの塀で![かわいい]うちの朝顔は 種まきが遅れて
ようやっとつるが巻いて来てるんだけど まだつぼみが
ついて咲くのは時間がかかりそう。。。       

*************************

[プレゼント]フエルト・すい~つのコーナーは 全く手がつけられない時間の無さのため 今回はお休みです。ぺこり。[バースデー]

DSCN6098.JPG
過去の作品から!(ホール・セパレート兼用)[バースデー]

*************************

[るんるん]今回の一曲は やはり今年もこの歌を口ずさみたくなる時期がやってまいりました。例年お盆の三日間が過ぎ 施餓鬼会の卒塔婆を墓に供えようとする 夏の黄昏(一日の夕暮では無くて 夏と言う季節の夕暮れ)を感じ始め傾き始めた陽を見た後 まぶたを閉じその中に残像のようなまぶしさとざわめく蝉時雨に一瞬クラッとしそうになる頃に どうにもやるせなく さいはての退廃的を今回の作品に託し ひとり気だるさを感じたくなる。今年もこの時期が来たか・・・。[るんるん]
DSCN8618.JPG 「八月の濡れた砂」 石川セリ 1972年03月05日発売 デビュー曲「小さな日曜日」のカップリング。前年1971年08月25日公開 同名の藤田敏監督作品の主題歌。井上陽水 夫人(依布サラサ/長女)。この作品は映画主題歌として その後の作品とは全く毛色が違いますが。セリさんの怪しく気だるい雰囲気は その後の作品以上にアンニュイで歌謡曲全盛のバタ臭さが加わり 他に類を見ない独特な世界感においらは陶酔してしまうのです。(セリさんは どうも魔女のようなイメージがあり 魔王の旦那様と日々ご自宅の秘密部屋で 媚薬を煮込んでいるような想像をしてしまうのですね。)
以降コンスタントに作品を発表されて J-POP(ニューミュージック)の創世記から1980年代中頃まで 「朝焼けが消える前に」「ダンスはうまく踊れない」「ムーンライト・サーファー」「パールスター(真珠星)」「BOY」「キ・サ・ラ恋人」をはじめヒット作を発表。子育てを中心にされて一時活動を休止されていた時期もありましたが 御自身のペースでの活動をされているようです。また あまりマスメディアへの登場が無いのも またデビュー当時からの神秘的なイメージを継承する?要因になっているのかもしれないですね。今回はもう一曲同じく石川セリさんの作品なんですが NHKの少年ドラマシリーズ[つぶやき岩の秘密]の主題歌になった 4枚目のシングル「遠い海の記憶」(1974年08月25日発売)も一緒に れびゅ~です。この二曲を夏の終わりかけた頃に聴くと 無性に寒気がして来ちゃって(わざとやるんだけどね!)現実逃避しちゃうのですよ!もうへとへとで暑い所から 冷房ガンガンにかかっているような 喫茶店とかに入って注文した後に ふっと一瞬記憶が飛んじゃうような 危なっかしい錯覚みたいな気分になっちゃうのです。(決して 人様にうしろゆび指されるような 危険ことは一切していませんよ!)そんな怪しい呪文を唱えるような世界感がセリさんの魅力なんだと思うんです。


「八月の濡れた砂」
(再生マークをクリック後 アンダーバー部分を再クリック)
別タブでyoutubeが見れます。(最近埋込み面倒だね。[たらーっ(汗)]
※「遠い海の記憶」は こちら から!
*************************
DSCN0205.JPG  DSCN0202.JPG
備忘録 2018年お盆
DSCN0204.JPG
例年通り 蓮の花と葉をイメージした三色しらたまを
作りましたよ![わーい(嬉しい顔)][レストラン]               
DSCN0213.JPG
[かわいい]7月の上旬に知り合い宅から 株分けしてもらった
月下美人の茎から花芽が出てきた[exclamation×2]上手く大きく
なって今期中に咲いてくれるかな[exclamation&question]      
今は 2cmくらいだけれど楽しみ~っ。[目]   

今回も いつもお越し下さるみなさんのブログヘのおじゃまとコメントのお返しが遅れる可能性が大きいです。皆様も だんだん夏の疲れが出てくる頃かもしれませんので どうかご無理なくお身体第一でお過ごしくださいね。次回更新は未定ですが 一応8/23 0:01としておきます。[メモ]それでは 今回はこのあたりにて ぐな~ぃ![夜]



nice!(103)  コメント(37) 
共通テーマ:音楽