So-net無料ブログ作成
洋モノれびゅ~ ブログトップ
前の3件 | -

次の出番もスタンバイOK! [洋モノれびゅ~]

[ぴかぴか(新しい)][クリスマス][プレゼント] MERRY CHRISTMAS !! [バー][クリスマス][ぴかぴか(新しい)]
DSCN9636.JPG DSCN9636.JPG

MERRY CHRISTMAS!! 2017
街中は 先週金曜日あたりからクリスマス一色に。おいらはクリスマスって 特に祝うわけでもないし鶏もも肉(いつかはターキー)といちごの乗っかったケーキを食べる日になってしまっているけれどね。子供の頃から親は共働きだったし 祖父が可愛がってくれた(なんか期待できる大人になれていないのが申し訳ないけれど)ので クリスマス間近になると欲しいものをねだっていたことを 今では懐かしさ半分・恥ずかしさ4分の1・申し訳なさ4分の1に思い出してしまうんだけれどね。[プレゼント]今でも清教徒ではないけれど 毎年心の片隅ではクリスマスは子供のように 心躍らせる気持ちにはなるんですよね。[クリスマス]

DSCN9555.JPG
[クリスマス]みなさんはどんなクリスマスを           

    お過ごしです(過ごされました)か?[バースデー][喫茶店]
DSCN9584.JPG

[るんるん]おいらの子供の頃と違って 今は日本の流行歌(J-POP)でもクリスマスをモチーフにした名作が沢山登場してきましたよね。おいらと同じくらいの世代だと やはり「クリスマスイヴ」山下達郎 「恋人がサンタクロース」松任谷由実 松田聖子 「CHRISTMAS TIME IN BLUE~聖なる夜に口笛吹いて」佐野元春 「FUNKY CHRISTMAS」中原めいこ 「クリスマスキャロルの頃には;」稲垣潤一 「SPECIALDELIVERY~特別航空便」他 竹内まりや なんかが一番メジャーなん感じですが 更に世代が新しくなると いろんなアーティストのオリジナルだったり カヴァー作品だったり この時期になると冬眠から覚めたように あちこちで クリスマスソングが[耳]耳をくすぐってくれるようになりましたね![るんるん]でも 今年は例年以上に この大メジャー作品を聴きたい気分がおいらの中には押し寄せてました。[モバQ]
DSCN9721.JPG 「Happy Xmas(War Is Over)」 ジョン・レノン 1971年12月10日(国内販売発売日/ジャケットは同曲を収録したBEST盤CD) 今では それ以前より親しまれている クリスマス・ソング(クラシック・クリスマスキャロル ポピュラー 数えたらキリがないけれど「WHITE CHRISTMAS」「We Wish You A Christmas」「Ave Maria」「Santa Claus Is Coming to Town」「ジングル・ベル」・・・・・e.t.c.)と同等かそれ以上に愛され歌われ続けている平和を願うエヴァ―グリーン・グローバル・ポップス。誰もが歌詞の意味は判らなくとも 一度はどこかで耳にしたことのある作品ではないでしょうか。そしてこれからの世代にも歌い語り継がれ行くべき作品だとおいらは思うのです。
おいらは ビートルズの活動をリアルタイムでは知らないんですね。日本公演が行われた時には 生命としては母親の中には宿っていたかもしれないけれど ビートルズの解散の頃には まだ三つ子(三つ子の魂の方!)だったし。(関係ないけれど おいらはビートルズの中では「The Long And Winding Road」が一番好きかも!歌詞の”Your Door”を自分の人生と勝手に解釈しているんだけれど。)

脱線しちゃいましたが 今年は争いという言葉にとても慎重になって心を揺らされた一年だったように 今この時期に振り返っていたりします。そしてまだ その争いという言葉は多くの人を惑わせている状況です。おいらもひとのことは言えませんが ほんの些細なことにムッとしたりすることもあります。偽善的や聖人になるというのではなく 人の喜怒哀楽は生きていく上ではとても大切なことですが なにかとてもとげとげしいピリピリした気持ちにはりつめられて人を傷つけるようなことはあってはならないと。ましてや 社会的なことになりますが核の脅威 新たな争いの火種になるようなことは決してあってはならないとおいらは感じます。誰もが幸せになるべきであるんですよね。新しい年を迎えようとする今 このメッセージ・ソングがとてもに心に刺さるのでした。[黒ハート]



DSCN9724.JPG
[バースデー] たまには 本物も画像UPしないとね! [レストラン][喫茶店]

[時計]今年も残すところあとわずかになりました。今年も(いつもタイトル通り)きまぐれで読みづらい記事ばかりでしたが ようやく今年の最後の記事に辿りつくことが出来そうです。[ひらめき]次回記事は 今年最後のごあいさつ記事になります。12/31 0:00更新の予定です。[メモ]今年も いつもお越し下さるみなさん そして新しくお越し下さったみなさん 一期一会でもこのブログを拝見くださったみなさん いろんな方々とこの場でお逢い出来ましたことをとても有難く感じております。[わーい(嬉しい顔)]さ~て おいらは今年も [レストラン]おせち作りに取りかからなくては。[モバQ]そろそろ帰省なされる方 バカンスを過ごされる方 移動が始まっておられる方もいらっしゃるかも!昨年はおいらもちょっと寂しいかなと感じたんですが おめでとうは無いんですよと言う方もいらっしゃるかと思います。けれども この拙いブログにお越し下さったみなさんにとって 来たる年は明るく喜び多い一年であって欲しいなと 僭越ながら願っております。(まだもう一回記事更新があるから ブログ記事は締めないですYO![手(チョキ)]
26日0:00過ぎたら(クリスマスが終わったら)二年ぶりに おいらのブログのサイドバー(デザイン・レイアウト/カスタムペインで!)にお飾りしないとね![わーい(嬉しい顔)]

今回は このあたりにて!(セカンド及びサードブログは 28日更新記事が今年最後のごあいさつ記事になります。)年の瀬が詰まってきました。みなさんお身体第一で年の瀬を迎えられますように。それでは ぐな~ぃ。[夜]

[ひらめき]みなさまのブログヘのおじゃま コメントのお返し・・・空き時間を見てブログへログインしますが遅れることがあるかもしれませんので よろしくお願い申し上げます。[時計]

さ~て 次は君の番だね![わーい(嬉しい顔)]
DSCN9689.JPG

[演劇] I Wish Your Merry Christmas       
         And Happy New Year !! [演劇]

わすれな・めも ・・・ 20171228 05:00 神棚と荒神様のしめ縄を新しいものに変え 新しい御札を飾りました。一年間見守ってくれた御札を神社に朝一番で納めに行く。


nice!(111)  コメント(62) 

リメイニング・デイズ~もう鬼は笑わない? [洋モノれびゅ~]

いよいよ今週末は師走。師ではないけれど走りまわる一カ月の到来であり カウントダウンのひと月 そして一年を振り返る時間があればいいのだけれど。[モバQ][あせあせ(飛び散る汗)]

DSCN9455.JPG
木漏れ日朝陽。冬至に向けて日が短くなりますね。[晴れ]
********************

[アート] フエルト・すい~つのコーナー [バースデー]まだまだ引っ張っていますというか だんだんと年の瀬が近づくにつれて針と糸を持っている時間も無くなって来ているのがホントのところで フエルト・すい~つも今作っているものが今年最後の作品となりそうです。このまま気が変わらなければ ホールケーキが今年の最終作となります。予定だけれど。[アート]

DSCN9424.JPG  DSCN9426.JPG
今回は 土台となるスポンジの上下の制作。[プレゼント]
中には いつもの手芸用綿でなくスポンジを!
DSCN9431.JPG
左が底の部分になる土台。今回は一段目と二段目が
別々のホールケーキで間にパーツをサンドするタイプ
DSCN9432.JPG
側面の縁部はサンド面部分が見えるようにするために
フエルト(隠さない)を使わないのでレースで飾付。[バースデー]
DSCN9464.JPG 次回は デコレーションの
一回目。今まで作ったパーツをどうデコるか。制作中で
一番面白くて一番気を張る工程。追加パーツも制作中。
**************************

[るんるん]今回の一曲は 昨年街中に「ラスト・クリスマス」が流れる中 訃報が飛び込んできたジョージ・マイケルのこの名作を。[るんるん]季節がらやはり毎年チャートに登場していた「ラスト・クリスマス」の方が今の時期になじむのですが おいらは晩秋から初冬の寒さが増す頃になるとこの曲を何気に口ずさんでしまうのです。昨日も 「♪ I'm never gonna dance again~」と何度もサビを。シングル盤で 最初に買ったんですが 後に80年代のポップスアルバムの名盤となるアルバム『メイク・イット・ビッグ』(セカンド・アルバム)が まあ世の中バブルなのに おいらはその縁もなくお金の無いころで(今もだけどね。ぼんび~やだ。)ようやく買ったのが同年暮れだったのかな。洋楽を聴きだしたころでもあったから時間があればレコード聴いてましたっけ。同時期に 国内盤でも西城秀樹さんと郷ひろみさんがこの作品をカバーしていてそちらも聴いてました。音楽は大好きだけれど コンサートとかは興味無いからお金をレコードにつぎ込んでいた音楽三昧な記憶しかないんですよね。

DSCN9494.JPG 「ケアレス・ウィスパー」WHAM!(ワム!名義ですがジョージ・マイケルのソロ作品)1984年08月25日発売(国内盤シングル)1984年のワム!(ジョージ・マイケル/アンドリュー・リッジリー)の英国発の快進撃は全世界で話題となり 前年のメジャーデビューの余波が余波を呼び 春先にはタイトル通りウキウキしてしまうポップチューン「ウキ・ウキ・ウェイク・ミー・アップ(邦題)」の大ヒットで急上昇ブレイクアップ。しかしその快進撃をさらに加速したのは ポップチューンではなく まさにブルー・アイド・ソウルというにふさわしい情感あふれるバラードナンバー。歌声はセクシーでせつないし ルックスもばっちりなジョージ・マイケルが懇願するように映すビデオ・クリップも話題となり(ワム!としてだけでなく)押しも押されぬポップス界のアイドルの頂点に。日本では このせつないほどのバラードナンバーをまず最初に取りあげリリースしたのが西城秀樹。「抱きしめてジルバ-Careless Whisper-」というタイトルで 同年10月15日にリリース。続きひと月遅れの同年11月10日に「どこまでアバンチュール/ケアレス・ウィスパー」両A面カップリングとしてリリース。共に大ヒットとなりカラオケでも大定番として現在に歌い継がれています。面白いところでは 西城秀樹の妹としてデビューした河合奈保子の同時期のシングル「北駅のソリチュード」が「ケアレス・ウィスパー」風のアレンジを上手く味付けにしているのですね。

ほんの些細な囁き(おいら的タイトルのイメージ)がひきがねとなり人づてに拡散し 恋仲がぎくしゃくしちゃって別れになってしまうという 良くある歌詞の内容ですが 男としてここまで自己嫌悪になっても忘れられない・・・とびっきりの恋のお相手だった・・・女々しいようにも感じますが。おいらは そこまで経験ないかも。あったかもしれないけれど。否 あっても言えないけれどね。正直この作品をリアルタイムで聴いていた時は 大人だよな!って。それだけ。その後は秘密。でもせつない気持ちは今なら良く判るんですね。何故だろうね?[失恋]


**************************
DSCN9410.JPG

おいらの好きな定番アイスはmowなんだけれど これもまたソフトクリームの上の部分だけ(とぐろうねうね)な形が気に入っている Sof’ ソフ(赤城乳業)。バニラとチョコのフレーバーしかないんだけれど 今までなかったような意匠が購買意欲をそそるんですね。濃厚加減はそれなりなんですが 冷凍庫から出して常温でちょっと温めた(放置ぷれい)後のふんわり加減がまた嬉しくなっちゃいます。暖かな部屋の中で冷たいアイスを楽しむ嬉しい季節。ぷちお勧めです~ぅ。mowも期間限定のフレーバーが年内もう一回くらい出るのかな?!

 DSCN2100.JPG
前回に引き続き [猫]兄妹画像。クリスマスには
生クリームのケーキを影膳にしてあげようかね![プレゼント]

次回更新は 月が変わり12/02 0:01の予定[メモ]ですが 年末も~ど仕事の都合で微妙ですので予定としておきます。先週からのど風邪でイガイガしていたんですが ようやくそれも無くなってきました。引き続き 例年のお馬鹿宣言を撤回しないように 風邪をひかないように気を付けているのでした。[目]空気も乾いてきますので みなさんも体調管理御注意くださいね。今回はこのあたりにて ぐな~ぃ。[夜]

追 記 ・・・ 20171126 01:40 数分前に[TV][今夜も生でさだまさし NHK ]の放送が終わったんですが 番組の最後に 年始の[年の初めはさだまさし]の告知の後 今年初めて聞く「良いお年を~」になんだかゾッとしちゃいました。やっぱりもう今年の残りが少ないことを改めて実感した瞬間でした。ひゃ~ぁ。[がく~(落胆した顔)]


nice!(109)  コメント(48) 

ゴーヤ初収穫2017 [洋モノれびゅ~]

今月も そろそろお得意様の月末決済をしなくてはならない月末。今月は年間決済も出さないといけないので 早めに事務仕事に着手しなくては・・・。[モバQ][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]それにしても暑い。[たらーっ(汗)]雨降らない。井上陽水さんの「夕立」を聴きながら雨乞いしなくては。[がく~(落胆した顔)]

DSCN8427.JPG

今年初めての収穫となった グリーンカーテンのゴーヤ。[わーい(嬉しい顔)]チャンプルーにするには小さいので さっと湯がいてみょうがの千切りとお浸しにしていただきました。[レストラン]かれこれゴーヤを食べるようになってたいぶ経つんですが 最近はあの独特な苦みが物足りなく感じてしまうんですよね。慣れとは不思議なものです。[喫茶店]

************************************

[アート] フエルト・すい~つのコーナー [バースデー]前回の”食べかけ”ショートケーキは 以外にも反響があってちょっとびっくりでした。食べかけシリーズも検討してみようかなと・・・。[わーい(嬉しい顔)] 今回は以前にも作ったことがあるもののバリエーション違い(と言っても似たようなもんなんですけれどね。[目]

DSCN8432.JPG  DSCN8439.JPG

至ってパーツ数は少ない縫い合わせも少ない簡単なものなんですが 意外と手間がかかったのは得意でない刺繍の部分。[アート]右のタケノコみたいなパーツと白丸のパーツを縫い合わせて形状を作り綿を詰めるのはあっという間に終了。[手(チョキ)]

DSCN8436.JPG

これが面倒な刺繍の部分。上下表面用に格子状の刺繍を。どうも模様が揺れてしまうんですね。。。あうっ。[がく~(落胆した顔)]

DSCN8440.JPG → DSCN8441.JPG

6枚のタケノコ型のパーツを縫い合わせ チューリップ形にして中に綿を詰め厚紙を入れて底パーツを縫い合わせる。刺繍したパーツは 上下のパーツの間に3枚の同形の生地を木工用ボンドで張り合わせます。あとは ちょこっとしたおまけのパーツを作り完成。[バースデー]

DSCN8450.JPG

今回は これ!^^あ~ブロガーさんの名前が思い出せない。。。ごめんなさい。[もうやだ~(悲しい顔)]昔ながらの喫茶店のアイスクリームを沢山記事に取りあげてくださって その記事に触発されて ひさびさ作ろうと思ったのが今回の作品なのです。[わーい(嬉しい顔)]

DSCN8447.JPG

今はね、コンビニやスーパーとかで乳脂肪分が多めで コクのある美味しいアイスクリームって 簡単に手に入るけれど おいらが子供の頃って(勿論チーピーなのはあったけれど レディ・ボーデンとかは意外と後だから) 親とかに連れてってもらった街の喫茶店で ちょっと背伸びした気分で食べるアイスクリームってとても美味しかった記憶があるんですよね。小学校に入ったばかりの頃は 今ではショッピングモールなんかには良くある ディッシャーで何段にも重ねるアイスクリーム屋さん(31とかディッパーダンとか・・・e.t.c.)が出始めで珍しくてね。買い物に行った時にねだったりしましたっけ。それより前ですもの。今回は透明なアイス皿ですが 銀色のアルミなのかなステンレスなのかな こんなような器でね。チェリーとウエハースが乗ってるの!憧れの存在でしたね。喫茶店のアイスクリーム。[喫茶店]

[ひらめき]あ!思い出した。ぼんぼちぼちぼちさんのブログ記事だった。[次項有]ぼんぼちぼちぼちさんの記事![レストラン]

************************************

[るんるん]今回の一曲は 車を運転中に 80年代の洋楽の寄せ集め的に録音したCD-Rを聴いていて この曲がかかった時に 行く先が仕事じゃなくて大海原だったらイイのに・・・。と 白日夢を見たくなるような気分だったんですよね。(きっと暑さのせいなんでしょうね![たらーっ(汗)][るんるん] [リゾート]この作品のイントロを聴いていると 目の前にワイルドな波が打ち寄せる トロピカルな夏の浜辺を感じずにはいられないんですよね。ただそれはおいらの印象付けたイメージなだけで 英語詞で歌われる内容は全く別のモノ![爆弾][爆弾][爆弾]おいらは 単に曲のアレンジ(編曲)を 夏の海に印象付けてしまったからなんですよね。[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

DSCN8410.JPG 「愛のコリーダ(Ai No Corrida)」 クインシー・ジョーンズ 1981年04月05日(国内)発売 この作品のタイトルは 世界を巻き込んで問題作!?となった 故 大島 渚監督 作品から来ているというのは有名な話ですが このレコードが大ヒットした1981年夏は おいらはまだ うぶうぶな中学生。ニュアンスは知っていたけれど 大島 渚監督の映画のことも知らないし ラジオの洋楽ランキング番組などで ヒットしている洋楽を純粋に受け取ったのが この作品が好きになったきっかけなのでした。安倍 定 じゃなくて 阿部 定事件なんて知らないもん。[たらーっ(汗)]

おいらは兎にも角にも 子供ながらにも 流行歌を聴くようになってからスローな作品って苦手だったんですよね。落ち着きない大人の今でも その感はあるんだけれどね。ゆえに 洋楽でもロックでは無くて 自然とリズムで身体が動いてしまうような ブラコン ソウル ディスコ系(一部は ロックやポップスも絡んでくるんだけれど)のサウンドって(歌詞も意味も もちろん判らないから) 身体が反応して好きになることが多かったんですね。ロッド・スチュワート「アイム・セクシー」や アバ ノーランズ アラベスク グロリア・ゲイナ― ドナ・サマー・・・なんかは ストレートに好き!と身体が受けつけて 邦楽一辺倒だった子供のおいらは 洋楽という新たなドアーを開けるんですね。そんな頃 クインシー・ジョーンズのこの作品と出逢うんですが そのアレンジのぶ厚さ カッコよさは比にならないほどの [パンチ]ボディー・ブローとして衝撃を受けるんですね。

時を前後して クインシー・ジョーンズは 故 マイケル・ジャクソンの『OFF THE WALL』 と社会的・歴史的・最高傑作『Thriller (スリラー)』のプロデューサーとしても その金字塔を建てることとなり 一大ブームと音楽的革命を 巻き起こすこととなるんですね。大袈裟だけれど 今振り返ると1980年代初頭にクインシー・ジョーンズの作品 プロデュース作品にリアルタイムで出逢えたのは おいらの音楽史の中でも かなりの衝撃的出来事だったと思うのです。(ビートルズは正直 おいらの中に音楽が芽生える頃には解散した時だったので。。。興味は薄いんですよね。。。)

おいら’s 「愛のコリーダ」関連記事・・・[サーチ(調べる)]http://younosuke-music-bank.blog.so-net.ne.jp/2010-06-25


************************************

DSCN8335.JPG

前回は しっぽだけの登場でしたが 今回は超アップのうんもの口元鼻元![猫][たらーっ(汗)]このところしばらく続いていた鼻詰まりは治まってくれたようです。それでも高齢なので だいぶ目が見えなくなって来ているようだし 耳も遠くなった来ているんですね。でも 臭覚はしっかりしているみたい!食べものの匂いは クンクンしてるし食欲は相変わらず旺盛。[わーい(嬉しい顔)]うんもの長生きの秘訣は もしかしたら肉食なのかも!もう歯もあまり無いので 噛み砕いて豚肉や鶏肉をあげるんですが ペロッと食べちゃうんですよ!魚系より肉系の方が断然好きみたい。化け猫修行は今日も・・・。[目]DSCN8334.JPG

さ~て 事務仕事を始めなくちゃ。次回更新は 今月最後。7/30 0:01更新の予定です。[メモ] 引き続き暑い日が連続しそうです。みなさま 十分な栄養と睡眠をとられて 熱中症に御注意くださいね。それでは ぐな~ぃ。[夜]

前の3件 | - 洋モノれびゅ~ ブログトップ