So-net無料ブログ作成
2017年12月| 2018年01月 |- ブログトップ
前の3件 | -

無病息災が一番だね。 [れびゅー]

正月のまどろみが ようやく解けて来て 春の陽炎揺らぐまどろみまでの一年で一番寒い時期。先週は成人式の式典の映像がテレビで報道されていましたが おいらは毎年 今になってもまだ成人式って昔の1/15のイメージから離れないんですよね。自治体から成人式の招待状(って言うの?!)が何かの都合で届かなかったから 「まだ成人じゃないの!」とひねくれて結局は式典に出なかったけれどね。(その前からだろうけれど やっぱりおばかだよね。おいらは。[わーい(嬉しい顔)]

DSCN9935.JPG
たまにはね!って言っても 流行りのハイボールなんか
じゃないよ。おいらは挨拶程度にしか呑めないから。[バー]

ソーダ割りだけれど 杏露酒(しんるちゅう)。正月のが余っちゃってたから。お子ちゃまだからウヰスキーとか香りでダメ。焼酎もどうも。そういえば若かりし頃 プールバーに入り浸ってた頃はカルアミルクとか綺麗なカクテル飲んで 飽きもせずナインボール(週末はオールで。)してたけれど それが成人の頃かな。世間は ぶくぶくしだしたバブルだったろうけど 殆ど関係なかったしね。[バー][目]酔ったりしてたけれど 酒に酔うというより色つきの水に気分だけ酔ってたのかも。大人に見られたくて。[ぴかぴか(新しい)] 
             *************************

[アート] フエルト・すい~つのコーナー [バースデー] 今回は昨年もちょっと触れていたんですが 今年の元旦の記事だったけかな。フエルトと並行して 和のちりめん生地を使った和菓子とかも作ってみようかなと思って 梅の花の意匠でねりきりを作ってみたんですが その続きで 今回は 一年の無病息災を願っていただくと言われる こし餡を饅頭皮で包んで 京野菜のかぶらをイメージした和菓子を。”京かぶら”は以前フエルトでも制作しているんですがなんか ちりめん生地で作ると質感が洋から和へと馴染んで なんか良いんではないかい?って仕上がりになりました。ぷち満足。[わーい(嬉しい顔)]

DSCN9919.JPG  DSCN9924.JPG
フエルトより薄くて布目が荒いので 上手く縫わないと
糸がほつれて来てしまうのが難点だと改めて気づく。[アート]
DSCN9920.JPGDSCN9928.JPG
にんにくの芽みたいのは かぶらの茎の部分です。[バースデー]
そして完成したのがこちら!
DSCN9931.JPG
ざわざわした縞目の布地がフエルトより繊細に感じます。
DSCN9917.JPG
こちらがフエルトで作った方。質感は全く違ったりして。
洋菓子をちりめんで作っては無いから?だけれど 仮に
ケーキを作っても きっと合わないんじゃないかなと。
なんか想像がつくような気がしたのでした。 [わーい(嬉しい顔)] [プレゼント] 
**************************

[るんるん]今回の一曲は 前回の記事でちょっと書いたんですが 1/17といったらやはり忘れてならない1・17。そしてこのお方の誕生日でもあるんですよね。大ヒットしていた当時は ドラマの主題歌としても放送枠で流れていたので TBS系の番組でしか歌う事が出来なかったんですね。まだ その当時は タイアップに対しては スポンサーへの配慮によって 提供CM商品の対抗馬的メーカーのイメージソングや他の放送局の番組のテーマ作品を流すというのは御法度的時代でもありました。(今も多少はあるけれど。)[るんるん]さらに今年は 2018年ということで今年の第一弾に引き続き 西暦の末尾に同じ ”8”の付く年の作品を(毎回ではありませんが)取りあげてみようかと思っているので この作品も 1978年の今頃大ヒットしていたので久しぶりにピックアップしてみました。

DSCN9939.JPG 「赤い絆 ーレッド・センセーションー」 山口百恵 1977年12月21日発売 20枚目のシングル 御本人主演のTBSドラマ(大映ドラマ) [赤い絆](1977年12月~1978年6月放送)の主題歌であり 赤いシリーズのラスト作品(1980年[赤い視線]はスペシャル)
同時期に放送が始まった [ザ・ベストテン]の第一回放送では おしくもベストテン圏外で 後日談では番組制作と当時のお偉いさん方との間で 何故に記念の第一回の放送なのにトップスターである 山口百恵を出演させないんだというごたごたがあったそうですが 番組の性質上 いかに公平で正確な情報に基づき ランキングは如何なることがあっても操作しないという固い番組の基本を曲げずに放送を続けらてきたというのが 同番組の長寿人気番組としての人気の元になったかという事が 後々に プロデューサー 故
山田修爾氏によって同番組回顧録を執筆されたのでした。

百恵さんにとっても 1978年は「乙女座 宮」「プレイバックPart2」「絶体絶命」「いい日旅立ち」と発表する作品が全て大ヒットする7年あまりの活動期のなかで 最も充実されていた年でもあったんですよね。流行歌というものに興味を全て引き寄せられたいた 小学生のおいらは 勿論山口百恵さんの出演するテレビにはくぎ付けで 「赤い絆」は すぐにはレコードは買えなかったんだけれど 続く「乙女座 宮」は発売と同時に買って まだ数枚しかなかったレコードコレクションの中でキラキラ輝く一枚だったんですね。「赤い絆」の方はドラマも欠かさず見ていたんだけれど 役柄に徹した百恵さんが 何時も笑顔を振りまいている時と違って 最初は違和感あったんだけれども 回を重ねるごとにひかれて まだ当時は うやむやで判らなかった”大人の女性”というものを意識し始めていたのですね。(おませな子だこと![たらーっ(汗)]


[バー] 百恵さん誕生日おめでとうございます! [バースデー]
*************************
DSCN9897.JPG
仕事先の八重咲きつばきが咲き始めました。 [かわいい]

また記事を書いている時に おいら自身の世界に入っちゃって(タイムトリップ[時計])長い記事になっちゃいました。ぺこり。[ふらふら]
改めまして今日は 1・17。未曾有の災害から23年。この後 午前5時46分 テレビの画面を通じて 鎮魂のお祈りを。そして3・11のことも振り返り 日頃の備えをもう一度確認したいです。
長くなってしまいましたが 今回はこのあたりにて。次回更新は1/23 0:01の予定です。それでは みなさん暖かくお過ごしくださいね。ぐな~ぃ。[夜]

[ひらめき]追 記 20180117 0:33  勝手な告知![わーい(嬉しい顔)] 大人気 (。・_・。)2kさんのブログの特設ステージ ”しりとりvol.2”が滞って もうすぐ一年になりますので 奮ってご参加くださいね![サーチ(調べる)](りんく) (。・_・。)2kさんのしりとりvol.2


nice!(47)  コメント(19) 
共通テーマ:音楽

今日は 鏡開きだね!ぜんざいか? [れびゅー]

寒の時期に入って 寒いなとは思うんだけれど 外を歩いていても凍えるってほどじゃない気がする。[exclamation&question]まさか肉襦袢が厚くなってるのか?それとも更年期か?正月で2kg増えたと思ってた体重もなんかまた2kg減ってた。水分か?!まあ2kg元に戻ったところで 数年変わらない体重だから困りもの。今年は健康的に体重減させないと。[ふらふら]

DSCN9812.JPG
DSCN9801.JPG

そんなことも過ぎっていたので ほんのわずかな時間ですがひさびさ近所の公園を歩いていたら 小さい春見つけました。柔らかくなってきている梅のつぼみと まだ硬いソメイヨシノのつぼみ。季節はやっぱり動いているんですよね。仕事先では昨年より早く(年々早くなってる気がする!)八重咲きツバキも開花。花の時期が待ち遠しい~っ。[かわいい]

*************************

[アート] フエルト・すい~つのコーナー [バースデー] いや~っ、ひさびさ針と糸持ったけれど なんか生地がこんなに針の通りが悪かったっけかな?なんて思いながら今年初めての制作だったのですが まだ本格的には時間が取れない(仕事や確定申告帳簿制作優先)ので ぷち制作の今年第一弾です。もう何も考えてなかったんだけれど 100均で DSCN9885.JPG こんなもの(トリュフ・ボックス[プレゼント])を見つけちゃったから 気はそっちばかりに向いちゃって 家帰って来てから生地を裁ちました。とにかく糸で絞ったりわたを詰める基本作業だけだから途中経過は割愛しちゃいますが 今年もこの時期が迫ってるんだ![がく~(落胆した顔)](うげっ。また買い難くなるじゃね~か!)と思いながらひと針ふた針。[アート]

DSCN9862.JPGDSCN9863.JPG
今回は トッピングには久々のビーズと丸カン(チェー
ン金具)をたんまり使ってこんなものが完成。例年年初め
のこの頃に作っていたりします。[アート]          

DSCN9867.JPG
そうそう!チョコレート。去年の在庫も一緒に![カメラ]
早速 買ってきた箱(トリュフ・ボックス)に![バースデー]
DSCN9890.JPG
たまには一個 ¥500くらいのチョコ食べてみたいな。
どこかでこのニセモノ販促に使ってくれないかな?
代わりに本物と交換してくれても嬉しいけれど・・・。[爆弾]
(今回のぷち制作は ヴァレンタイン風チョコでした。)
また本番が近付いたら 第二弾で 数を増やすかも![プレゼント]
*************************

[るんるん]そんな あま~ぃすうぃ~とな雰囲気から一転 今回の一曲は 寒の時期になると 石川さゆりさんの「津軽海峡・冬景色」とともに思わず口ずさんじゃう一曲なんですね。もうイントロから寒気してきちゃう。ちらちらと雪は舞うし 急に吹雪になったり曲のアレンジも うねるうねる!まだ「哀しみ本線日本海」の方が耐えられるかもなんて思いながら この大作を作ったのが あのどこまでも澄みきって高い空を歌った(作った)アーティストだとは思え無かったりするのです。さらにはこの作品を提供され 熱唱[カラオケ]されている姿とは 真逆にこのところ[TV]ヴァラエティー番組でも 自虐的でかなり弾けちゃってる芸風?にとても惹きつけられちゃったりするんですよね。昌子さん。そのギャップがおいらは結構好きかも![るんるん]

DSCN9782.JPG 「越冬つばめ」 森 昌子 1983年08月21日発売 41枚目のシングル(企画盤を除く)。伝説となったオーディション番組[スター誕生]の合格 初代グランドチャンピオンをきっかけに 1972年夏「せんせい」でデビューすると共に たちまち同曲が大ヒット。続く「同級生」「中学三年生」と連続大ヒット。桜田淳子 山口百恵と共に花の中三トリオとして 次々とヒット作を発表して行きますが レコード会社を移籍 <徳間音工(現 クラウン徳間ミュージック)から キャニオン(現 ポニーキャニオン)>する1970年代後期の作品「なみだの桟橋」「津和野ひとり」「銀のライター」「ためいき橋」「信濃路梓川」あたりでそれまでの青春演歌歌謡路線から本格的演歌路線へ移行し 名実ともに女実力性演歌歌手のポジションを担うようになり 今作で(まだ威厳があった)日本レコード大賞で (作品に贈られる対象と違い 歌手の実力に贈られる)最優秀歌唱賞を受賞。その後も 歌手 女優 時にバラエティとさまざまな活躍をされますが 結婚を期に一時引退。紆余曲折いろいろとありましたが 歌手として復帰。現在は歌手は勿論のこと(御本人のステージでも)自虐的な?バラエティ色豊かな芸風?!が話題を呼び年末年始もいろんな番組に出演 またステージをこなし大活躍。
この作品は 1978年秋に大ヒットした「夢想花」を作詞作曲歌唱した円広志さん(「越冬つばめ」の作曲者クレジットは本名の篠原義彦)。その対照的な作風で まさか ♪とんでとんで~ の円広志さんと知る人はリリース当時わずかだったんですね。そして森昌子さん 最新作は この作品のセルフカバー「越冬つばめ2018」とカップリングであり 円広志さんとのデュエット曲「好きかもしれない~大阪物語」を今月末 1/24にリリース予定だそうです。近畿圏を中心に大ヒットしそうな予感!


*************************
DSCN9795.JPG
書き出しの続き。モミジバフウの実が転がってました。

このところ南関東では地震が多発しているんですが やはりこの時期になると 1・17を忘れるわけには行きませんよね。あの朝(1995年)テレビニュースの画面から飛び込んできた 高速道路の橋脚が傾いている映像は今でも鮮明に思い出します。あの頃は 関西には正直御縁のなかったおいらも 今では沢山のブロガーさんがとても大事な存在です。ブログを通じて日本各地のブロガーさんと繋がる機会が多くなった現在 起きてはいけませんが報道でどこどこが地震とか自然災害と一方が耳に入る度 あのブロガーさんのところ大丈夫かな?!と感じるようになりました。おいらも3・11を経験した浅い春から あまり思い出したくないことのひとつになりましたが やはり考えないわけにはいかないことですものね。地震国日本に住んでいるからには。一週間後は1/17。日頃の備えをもう一度確かめなくてはと思うのでした。(そろそろ非常食の期限も過ぎそうだしね。[目])今回も またいつものごとく長くなっちゃいましたが 次回は1/17 0:01ごろに更新出来ればと思っています。[メモ] 1/17(今年は冬の土用と重なるんですね!うなぎ食べなきゃ。[爆弾]そんな余裕無いから せめて牡蠣のアヒージョかな。[レストラン])みなさん体調崩されませんように。それでは ぐな~ぃ![夜]


nice!(115)  コメント(50) 
共通テーマ:音楽

メインは音楽ブログなんですよ。一応。^^ [れびゅー]

[メモ] 今回の記事は簡易更新(の心算だったんですが・・・書き終ってみると。。。)で 2018年プレ第一弾となります。 [わーい(嬉しい顔)]はやいもので 三が日もあっという間に過ぎてしまいました。今年もあっという間に過ぎちゃうのを如何に有意義にしなくてはと思ってはいるんですが 三日夜に[コンビニ]コンビニに行ったらもう 恵方巻ののぼりが風にブンブン吹かれてました。[がく~(落胆した顔)]

DSCN9788.JPG
今年は せかせかしないように生きたいです~ぅ。[手(チョキ)]
・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

[レストラン] くっきんぐ の こ~な~ [レストラン] 毎年 第一回目の記事は 恒例の恥かき大会!おいらのおせち公開!今年で8回目となりました。とはいえ変わり映えしないんですけれどね。もう他のブロガーさんの記事で 豪華な正月料理を拝見しちゃっていると恥ずかしくなっちゃうのが正直なところ。でも 家族が待っているので(家にいる場所や存在を示すためにも意地で?!)料理しなきゃなんて思って里いもの皮剥いたりしてるんですよ。(いじらしいでしょ。[パンチ][がく~(落胆した顔)]あうちっ!) それでは恥ずかしながらですが本年のおせちを公開いたしまする~ぅ。[演劇]

[プレゼント] 壱の重                   
DSCN9764.JPG

壱の重は 火を通さないものを。(既製品の多し)右上から時計周りで 紅白かまぼこ、伊達巻、おたふく豆<初登場/ケシの実をかけて>、サーモンのかいわれ巻、カズノコ、ニシンの昆布巻、栗きんとん、くろまめ<+ちょうろぎ&青梅>、ゆず釜<いくら>。手を加えたものは カズノコの塩抜きと出汁で味付け と サーモンスライスのかいわれ巻き。全九品

[プレゼント] 二の重                   
DSCN9766.JPG

二の重は 既製二品以外はすべて調理。右上から時計周りで どんこしいたけのうま煮、梅花にんじん<+青茹さやいんげん>、たけのこの煮物、田作り<ごまめ/一番手のかかる一品。これが上手く行けば丸く納まる。今年もばっちし完成>、あさりのつくだ煮とうずらたまご<この二品が既製品>、高野豆腐の煮物、フキの青煮。全九品

[プレゼント] 三の重                   
DSCN9768.JPG

三の重は 一品のみ既製品で後は全て調理。右上から時計周りで 鶏ももの照り焼き、鶏だんご、里芋の煮物、レンコンの酢煮、ぶりの照り焼き、こんにゃくオランダ焼き、豚バラブロック角煮、きんぴらごぼう、合鴨のスモーク<これだけ既製品>、くわゐの素揚げ。全十品

DSCN9771.JPG

計二十八品に 別盛りの大正えびの塩焼きを加えたものが 平成三十年のうちのおせちになりました。もう残っているものは殆どありません。今年は 家族がすべて揃ったのが三日の午後だったので おせちが傷まないか心配でしたが 無事に消化してくれようやくホッとしたおいらなのでした。あとでこっそり残ったいくらを白いご飯でいただく!これがおいらの一番の楽しみだったりするのです。[わーい(嬉しい顔)]

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

[るんるん]さ~ておいらのブログは 基本音楽ブログ。今年の一曲目とまいりましょう。[るんるん]西暦換算で 8が末尾となる年をブログを始めてから何かと待っていたんですよね。というのも おいらが流行歌に目覚めたというかいろんなジャンルの音楽に興味を持ちだしたのが1978年。まさにこの年は いわゆる歌謡曲そして歌謡界が頂点を極めた黄金時代。流行歌の売上チャートにいろんなジャンルが また邦楽だけでなく洋楽も多彩にちりばめられ競い合って老若男女 音楽が今以上に生活の中に欠かせない時代でした。あらゆる世代が歌える流行歌もあって テレビやラジオからは 次々と心躍らせる歌があふれていた年。あれからもう40年という年月が流れましたが 今でも歌い継がれる歌は数知れず。そんな1978年を 今年はキーワードにちょこっと掲げて時間旅行をしながらあの頃を思い出して忘れかけた流行歌を改めて紹介したいなと思っていたんですよね。[わーい(嬉しい顔)] 1978年小学生だったがきんちょも 恥ずかしながら(中身が伴わない)大人になっちゃいましたけれどね・・・。今回の一曲は 昨年夏 残念ながら天に召されましたが 年末年始の音楽特番では その歌手作曲家としての偉大なる功績をかなり取り上げられていましたっけ。

DSCN9777.JPG 「カナダからの手紙」 平尾昌章・畑中葉子 1978年01月10日発売 この大ヒット曲が発売されて 来週水曜日で まる40年を迎えるんですね。平尾昌章さんは それ以前にも音楽活動をされておられましたが (かなり略歴となりますが)今からちょうど60年前の1月に「リトル・ダーリン」という作品でソロ歌手としてデビュー。一世を風靡した日劇ウエスタン・カーニバルの出演がきっかけで大人気となり オリジナル作品「星は何でも知っている」「ミヨチャン」・・・や 洋楽(ロカビリー)カバー作「ダイアナ」「恋の片道切符」・・・等 数えきれないヒットを飛ばし 自らの音楽活動と並行し 歌謡曲の作曲家としても数々の数えきれない大ヒットを世に送り出します。代表作「霧の摩周湖」「よこはま たそがれ」「わたしの城下町」「瀬戸の花嫁」「夜空」「うそ」「旅愁」「恋のしずく」「草原の輝き」「グッド・バイ・マイ・ラブ」・・・。更には次世代の歌手の育成のため自ら運営する音楽学校を運営。松田聖子 石野真子 森口博子 倖田來未をはじめ多くのアーティストを輩出。その中に今回の大ヒット作品をデュエットする畑中葉子もいたわけなんですね。畑中葉子さんというとその後の活躍が あまりに急激な展開になってしまったことに焦点が集まり易いのですが 歌唱作品の内容や色合いは別としても 根底にある歌唱力は流石に安定したものがあったことは意外と知られていないんですよね。平尾昌章さんとの海外の名所を舞台にしたデュエット作は4作品あるんですが 当時のおいらは興味を持ち始めた地図帳で地名を探してたりして想像を膨らませたりしてましたっけ。(地理は大好きだったけれど 歴史は大っ嫌いでした。今でも日本史とか世界史判りません。きっぱり!源氏や平家判らない。興味ありません。大河ドラマ。見たこと無いです。^^;ははは)流行歌の歴史は得意なんですけれどね![爆弾](そうそう 当時のおいらはピンク・レディーが一番好きだったから この曲がチャートの第一位を獲得して「UFO」がランクダウンしちゃったから好きじゃなかった。[もうやだ~(悲しい顔)]んだよね。)


・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

簡易更新と言いながら 記事書き始めると時間旅行しちゃうから結局長くなっちゃうんですよね。[たらーっ(汗)]あ!そうそう記事とは関係ないけれど 銀狼さんから年賀状(おいらから出したんですが)が届きました。かなりお忙しい様子ですが お元気そうですよ。彼とは同学年なんですが 責任ある世代。おいらももっと彼みたいにちゃんとしなくちゃいけないんだけれどね!あはは。[わーい(嬉しい顔)]

DSCN9756.JPG
花びら餅・・・今年もいただきました。食い気ばかり![レストラン]

今日1/5から一年で一番寒い”寒の時期”に入ります。風邪も流行っていますし正月休み明けでお疲れの方もいらっしゃるかと思います。みなさん御自愛下さり体調崩されませんように。おいらも寒気したり風邪ひきそうだったリしますが 今年も乗り切って おばか証明しなくては![わーい(嬉しい顔)]現在のところまだ未定なんですが 次回更新は 1/11(鏡開き)の頃に更新出来ればと思っています。[メモ]そろそろ確定申告の決済もしなくてはならないので やっぱりおいらは忙しないね。でも 少しでもぼんび~脱出できるよな年にしたい!これが豊富かな。改めまして本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。では このへんで!ぐな~ぃ![がく~(落胆した顔)]


nice!(116)  コメント(61) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | -
2017年12月|2018年01月 |- ブログトップ