So-net無料ブログ作成
検索選択

まもなく卒業の時期 [れびゅー]

[かわいい]梅の花が満開に近いくらいに咲きみだれ 今年の桜(ソメイヨシノ)の開花予報が出ましたね。こちらでは 3月の25日頃に咲きだすとか・・・。いつも時間が無い時間が無いって バタバタしているおいらだけれど ちょっくら15~30分くらい 今日は咲いたか否まだだ。。。なんて(昼間はなかなか時間が取れないことが多いので)日が落ちて暗くなったころに 暗い公園で灯りのように白く咲く桜を見に行って来て 即夕飯の用意なんて日も そう遠くなさそうですね。その間に彼岸があるんだ!今年からは おいらの家の菩提寺は勿論なんだけれど 義父の墓がある八柱霊園(千葉県松戸市)も 新たにお参りに行かなくてはならないから いつもぼんび~暇なし せかせかしてるのに 余計忙しなくなるのかな・・・。[モバQ][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

DSCN6719.JPG

先日の昼間 ひと息つきたくて。[レストラン]今年は 鏡開きが無かったから ぜんざいも2月に入ってから この日が初めてでした。缶詰使用だったんだけれど 小豆から炊いたらもっと美味しいんだけどなと思いながらも。。。いとうまし。[わーい(嬉しい顔)]ぷちほんのりまったり。

************************************

[アート] フエルト・すい~つのコーナー [バースデー]

今回は 時間もなかったので簡単に出来る作品を [本]テキストを見ながら制作。ほとんど縫うところはなかったんですね。飾りトッピングの一部を縫い合わせただけで あとの大半は木工用ボンドで貼りつけただけ!前回のチョコレートより簡単かも![アート]

DSCN6724.JPG  DSCN6729.JPG

以前 制作した事があるバウムクーヘンと同じで 同じ大きさの生地をずれないように層状に貼り合わせて 最後に色違いの生地で トップを乗せるだけ。[アート]

DSCN6730.JPG

こんな感じ。ちょっと見た目には 某社のキット〇ットってチョコレートみたいなんだけれど。実は今回のは(恥ずかしながらおいらは まだ食べたことが無い。実物を見たことが無い。スイーツなんですね。) スティック・ケーキと呼ばれる まさに棒状にカットされたケーキだとか。。。[バースデー]まあ ぴんきりで普通のケーキと同じように いろんなフルーツやクリームソース チョコレートなど デコレートがされて多種多様な物があるらしいんだけれど 平均10cm×1.5~2cmくらいなのかな?

DSCN6734.JPG テキストに載っていた 別制作のトッピング(手前から時計回りで シナモン・スティック/アニス セリ科の香草の実や葉などを乾燥させたもの 仲間には 中華料理に使う 八角なども/りんごの皮のスライス乾燥させたもの)を チョコレートコーティングに見立てた こげ茶色のトップ面に飾ります。[プレゼント]

DSCN6735.JPG

完成品はこちら![バースデー] 後ろの方のは 同じ構成で 金色の細かなビーズをトッピングして半分にカットをしたもの。ひとくちサイズのケーキと言った方が判りやすいのかもしれないですね。[わーい(嬉しい顔)] これは 制作時間が無い時の対策品として シリーズ化出来るかも。[プレゼント]

************************************

[るんるん]今回の一曲は ちょっと早いかなと思ったんですが いやいやそんなこと言ってたら たちまちその時が来てしまう。。。今年も目の前に迫った ”卒業” の時期を(1982年 早春に)彩った 卒業をイメージした作品を。以前にも登場しているんですが いろいろ卒業という言葉が タイトルに付いた作品の中でも マイナーなメロディーで 春が明けるか明けないかという寒々した時期の空気感を感じることが出来る作品なのです。

あえて曲調のみを考えた時に 同じタイトルで数年しかリリースが違わない作品と比べた時 1985年発売 斉藤由貴の「卒業」は 陽炎が揺らめくような暖かい陽気を感じる作品、 菊池桃子の「卒業-GURADUATION-」もまたとても気持ちいい暑くも寒くもない陽気の心地よさを感じます。タイトルは違いますが 1982年発売「制服」(「赤いスイートピー」カップリング両A面)松田聖子は 雨が詞の中に出てくるんですが その雨も もう冬の冷たい雨ではないんですよね。とりあえず 3曲対比に登場させましたが どれもが新しい季節に向けて 煌めいた希望感を春の息吹に感じることが出来るようなアレンジが感じられるんですね。

それらと比べると今回の作品は やっぱり(いろんな意味といろんな事からの)卒業って言うのは 寂しいよね。。。不安もあるよね。。。という葛藤から 立ち止まるそばを 冷たい浅い春の風が吹き抜ける のすたるじい感を感じずにはいられないんですよね。まあ アイドルポップスの新鮮さと ニューミュージック・フォークの抒情性を比較するのも変だけれど おいらはどうも こちらの方を好む傾向があるんですよね。当時から。。。あの頃は中学三年生だったっけね。

DSCN6747.JPG 「卒 業」 沢田聖子 1982年01月25日発売 7枚目のシングルで シングルとしては自己最高の売上作品となる。

歌手としての活動は シンガー・ソング・ライターのイルカさんの事務所のオーディションに合格所属してから 1979年5月25日に発売したデビューシングル「キャンパス・スケッチ」からではありますが 生まれた翌年からモデルとして また子役としての活動経歴もあったそうですね。数々の作品(シングル・アルバム)を コンスタントに発売しながらも 紆余曲折をされて困難を乗り越えて 現在もステージを中心に 活躍されておられるようですね。

沢田聖子さんの ちょっとちゃめっ気たっぷりで クリクリっとしたまなざしの笑顔を拝見すると ホッとするんですよね。いつぞやテレビの番組に出演された時の 彼女のおやじギャグには 「えっ?!」と固まりながらも ひとテンポ遅れて思わずニヤケてしまうのでした。同じSo-netブログで ”心底”沢田聖子さんの大ファンであり 毎回多才な記事と考察を綴られていた vegaさ~ん 元気ですか?そして今でも 彼女のライヴに通われていますか?毎年 この時期になると 沢田聖子さんの「卒業」とvegaさんの熱い気持ちを思い出します。[目]

おいらは いろんな所で記事に書いているんですが ハープの音色 フルートの音色 そしてこの作品でも 聴くことが出来るベルの音色を聴くことが出来ると 背筋に寒気を感じるくらいに感動を覚えるんですよね。[るんるん]

今年も また年度末がやってきて年をひとつ重ねます。とても短く感じている これまでの10年間を卒業して 新たな10年に繋げることが出来るようにしなくてはな・・・と思う 戸惑いあり 迷いあり 課題沢山の浅い春です。[時計]

************************************

DSCN6718.JPG

今回の寝像は こんなクッションにあごを乗せて いつもの通りファンヒーターの前でくつろぐ うんも。[猫]

今回は 記事を書けるかどうか判らなかったんですが 更新までに間に合いました。大した仕事はしていないんですが短時間に集中して仕事をこなすと 家に着きちょっと横になっちゃうと すぐにうとうとしてしまいます。[眠い(睡眠)]とはいえ やらなきゃいけない事を 次の日に回すわけも行かず 惰性でこなしている感じです。それでも 昨年の毎日 何をしていたんだか思い出せないころ(夏の終わり)に比べれば かなり落ち着いてきたようです。

あまり書くような内容ではありませんが いつもお越し下さるブロガーさんの中にも 介護で御苦労されたり 予期せぬ弔いを出されて大変な日々を過ごされていることを見聞きすると あらためて大変だなと昨年を思い出します。立春は過ぎましたが まだまだ晩冬の今 春の暖かさが 花舞い吹雪く情景が 今年はいつもより愛おしく感じます。暖かく穏やかな日和が早くおとづれますように。[かわいい]

次回更新は 2/24 0:01の予定です。三寒四温も 今年は かなり乱高下してますね。それに花粉症の時期到来。おいらは 今年も発症しないように要注意。[目]みなさんも 体調崩されませんように!それでは 素敵な週末を!ぐな~ぃ。[夜]

************************************

[ひらめき]追 記 20170218 23:00 

DSCN6754.JPG

mow special  今回の期間限定フレーヴァーは ストロベリーフロマージュ。おいらは[コンビニ]7-11にてげと。

DSCN0459.JPG

これは 一昨年発売されたもの。この時の名称は ストロベリー&フロマージュ。このロゴになってから もうずいぶん経つんですね。[喫茶店]