So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

白い彼岸花みっけ! [れびゅー]

いけないいけない!もう月末だ。。。お得意さんの今月分の決済を忘れている始末。。。あうっ。[がく~(落胆した顔)]早くやっちゃわなければ![メモ]時の過ぎゆくのが 早いと口にしていても 気持ちの中ではギャップがあり すごく時間を長く感じることもあった9月。30日の金曜日には 初めての義父の月命日がやって来るのですが 線香を毎日供えながら遺影を見ても まだ違和感を感じてしまう。どこかにいるような。。。

DSCN5604.JPG

山椒の枝に 実っていた緑色の実が赤く!これも秋のおとづれ?昼間は 気温がまだ高い日もあり 彼岸花はまだ咲いていますが 虫の音が聞えて来るとやはり秋なんだと時間をしますね。それに もう目の前には神無月。この一カ月が過ぎゆくと おいらのとこは正月はないけれど 仕事柄お得意さんが 良い年の初めを迎えるように準備が少しづつ始まります。今年の年末は不思議な感覚で 時間が推移して行きそうです。知り合い宅のパソコン教室(年賀状作り)もあるし。

************************************

[アート] フエルト・すい~つのコーナー [バースデー]

今回は以前にも作った事がある [本]テキスト作品の型紙をアレンジして 秋をイメージした創作和菓子を作ってみました![アート]

DSCN5613.JPG  DSCN5619.JPG

やはり秋は 前回のハロウィン系の色もですが 暖色系の生地が多くなりますね。それに今回は 右画像のような小さく切りぬいた生地も重要なデザインに![プレゼント]

DSCN5626.JPG

和服の帯の柄目ようなイメージですが 左は 紅葉が始まったばかりの山肌のオレンジ色とまだ染まり始めていないみどりの部分を背景に ちょっと微妙に色が違う赤いもみじの浮遊感をデザインしたものと やはり秋の水辺のイメージで魚の泳ぐ水辺に銀杏(いちょう)の葉が舞うデザインで 細かな生地を配置してみました。(相変わらず刺繍は下手っぴ。。。[もうやだ~(悲しい顔)]

DSCN5627.JPG

そしてちょっと見難いのですが こげ茶色の生地で作った餡の部分を 先程作りました(多分)求肥<ぎゅうひ>であろう部分に包んで完成。作り方はシンプルなんですが 実際に こんな感じの上生菓子があったら 青い(黄緑いろ)部分は 不思議な配色感を感じちゃうのかもしれないな?!なんて制作しながら思うのでした。[バースデー]

DSCN5630.JPG

クロモジ楊枝を添えて。そろそろ暖かいお茶も良いですね。[喫茶店]

************************************

[るんるん]今回の一曲は おいらのブログでは かなり登場頻度が高いこの曲です。今年はこの曲を聴かないで秋が深まってしまうかと感じていたんですが 台風だ 秋の長雨だと涼しすぎる日が続いていたと思ったら また気温が上がってますよね。今のところ真夏日にはなりませんが。。。おいらは この曲をリアルタイムで聴いてからというもの詞や曲は勿論の事 特にこの曲に関しては編曲(アレンジ)が秀逸で聴く度に 音の空間に陶酔しちゃうんですよね。[るんるん]

おいらは 昔からレコード(CD)の完成された作品の音が 生の演奏や歌唱よりも一番だと思うようなところがあって それは何故かというと レコードに針を落としたり 音楽プレーヤーの再生スイッチをONにした時いつも同じ変らぬ音を聴けるからなんですよね。LIVEの臨場感も勿論好きですが おいらの中にその音色でないと一緒の時代に焼き付いた記憶が鮮明に思い出せないからという聴き癖があるからなんですね。なので 不思議なもので 例えばこの作品が 当時ランキング番組やバラエティ番組で歌われた映像と音楽をYOUTUBEなどの動画や 懐かしのなんとかっていう音楽番組で聴いても その時代感は思い出せても レコードやCD程に生理感を感じないってことなのです。変っていると言えばそこまでですが・・・。[目]

それは きっとまだ音楽というものを知りえない ゆりかごに揺られていたころから (親の仕事場や部屋のステレオや)ラジオで流れていた商品として完成された音を耳にしていたからなんだと今は振り返るのです。仮にテレビの音楽番組で(当時は生で歌うのが鉄則でしたもんね!)歌った生演奏のオーケストラをバックにした流行歌は その時その場限りの音楽かもしれませんが 同じレコードなどの音を 時に街中のスーパーや電気屋さんレコード屋さんで聴いたり どこかへ旅行に行った時に 車のラジオから聴こえて来たり  ひとつの音盤の音をいろんな所で聴くことにより様々なシチュエーションで視覚と聴覚から身体に入ってくる事によりおいら自身の記憶に刻まれる。それがおいらの流行歌好きの要因になっているんですよね。ゆえに その記憶を留めたり辿ったりすることが 子供の頃からの[CD]レコードやCDのコレクターの原動になっているのです。完全な記憶ではありませんけれど。(やば!長い記事になるなこれ。。。[爆弾]

DSCN5632.JPG 「グッドラック」 野口五郎 1978年09月01日発売 28枚目のシングル 歌謡界が一番華やかかりし頃 若手のアイドル歌手の中でも 歌唱力では群を抜いていた野口五郎さんですが その作品感はどこか青春という光と影が織りなす 迷い戸惑い模索して行くような心の葛藤を表現した作品がかなり多く 新御三家と呼ばれた 西城秀樹さん 郷ひろみさんの作品感のような 激しさや華やかさを題材としたポップスとは違った作品で人気を得ました。代表作としては 数えたらキリがありませんが 「私鉄沿線」 「甘い生活」 「青いリンゴ」 「君が美しすぎて」 「オレンジの雨」 「愛さずにいられない」 「針葉樹」 「季節風」 「むさしの詩人」・・・が並ぶ中 今回の作品は ちょっと毛色の違った 当時アメリカ西海岸を中心とした AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)のフュージョンなどを含め音重視 また軽くおしゃれで都会的なサウンドの作品に仕上がっています。

おいらは この作品に当時感じた 夏の終わりを告げるような ちょっと潮の香の混じった乾いた風 潮騒の息吹 日増しに青く高くなって行く空の色・・・を この作品で聴かれる小気味よいバスドラムのリズム エコーのかかったギターの音色 ストリングス(弦楽器/ハープも随所に!) ホーン(管楽器)の重なり合うハーモニーに感じ 揺らされてしまい とても気持ち良い気分(しがらみを解き放ったように大きく深呼吸したくなる解放感 そして昇天感!)にさせられてしまうのです。(おいらは人に後ろ指さされるようなものは使ってないですよ!きっぱり![目]それでも心地よい気分が良くなる物質が出ちゃう?!のです。)[リゾート]

歌詞は切ないんだけれどね。同じようなイメージを今の時期なら 「愛のメモリー」松崎しげる 「季節の中で」松山千春にも感じるのです。同年代くらいの女性アーティストの作品なら 「白いページの中に」柴田まゆみ 「ジャストフィーリング」金井夕子などにも。今年は夏を中途半端に終わらせちゃったから 余計にそう感じるのかな。そしてそれらを 聴きたくなるのかもしれないね。あんまり空想しちゃうと脳内時間旅行が始まっちゃって また記事が長くなってしまうので・・・。五郎さんの作品を![喫茶店]

  

おいら’s 「グッドラック」野口五郎 関連記事・・・[サーチ(調べる)]http://younosuke-music-bank.blog.so-net.ne.jp/2010-09-03-1

************************************

DSCN5602.JPG

彼岸は過ぎてしまいましたが 彼岸花。皆さんのブログやWEB上では よく見かけていた白い彼岸花。しかし近くでは いつも赤い彼岸花ばかりで 初めて今年仕事先に咲いていたのを見ました。早めに草刈りしたのが功を成したのか否か?黄色い花もあるそうですが それもまた見てみたいです。[かわいい]

DSCN5413.JPG

[猫]うんもも 秋を感じ始めているのでしょうかね?今年こそは 去年買って入らなかった ねこ頭型(ドーム型)ベッドに入って寝てくれますように。[眠い(睡眠)]

九月のブログ更新は これが最後になりそうです。次回は十月に入ってからになります。10/3頃に更新出来ればと思います。[メモ] 彼岸で一度涼しくなりましたが ここに来て気温がまた夏日を越して 日や地域によって真夏日に近くなったりしていますよね。みなさま体調崩されませんように!秋の味覚もだいぶ出回って来ましたし 美味しいものを召し上がられて 食欲の秋を謳歌しませう!おいらは食べ過ぎないようにしないと・・・。[がく~(落胆した顔)]

それでは 今回はこのあたりにて ぐな~ぃ。[夜]


nice!(100)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ハロウィン色の季節へ [れびゅー]

秋の彼岸に入りましたね。暑さ寒さも彼岸までとは 良く言いますよね。まだじめっとした汗になる暑さの日もありますが もう夏のそれではなく ふと1~2か月前の幻滅しちゃいそうな 嫌々気分の夏の日を懐かしく感じてしまうのでした。[モバQ][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

DSCN5577.JPG

今夏のかけら?(ちーぴーなおいらのお気に入り。ローソン100で売ってる 2個¥108 の めろんシャーベットとオレンジシャーベット。一昨日 隣街の店舗に買いに行ったら もう めろんのは売り切れでした。) [もうやだ~(悲しい顔)]

DSCN5566.JPG

アサガオも花が小さくなってきて そろそろ終わりかな。今年も豊作だった 兼グリーンカーテンのゴーヤ―も枯れ葉が目立ち そろそろつるも撤去しようかな。。。いろんな所で季節は変わり次第に秋も色濃く深みを増して行くのでしょう。[リゾート][end]

************************************

[アート] フエルト・すい~つのコーナー [バースデー]

今回は前回 土台となる部分までだったタルトの小物入れに ふたとなるクリーム部分の制作から。[アート]

DSCN5554.JPGDSCN5558.JPG

筒状にしたフエルト生地のなかに 綿を詰めてリング状に縫い合わせます。毎回この過程になると イカのリングフライの事を思い出すんですよね。[わーい(嬉しい顔)][レストラン]今回は これまでのこのシリーズで 初の秋の色をした作品と思い ハロウィンよろしくオレンジ茶色の暖色系でのアレンジ。実際の食材を該当させると オレンジはかぼちゃ 茶色は栗やいも系が相応なんじゃないかなと思います。[プレゼント] 

DSCN5562.JPG 大きいサイズから 糸を隠し縫いで縫い合わせ 積み上げて 白いリングは 生クリーム 黄色い栗の実をトップの飾りに。[アート] そして完成したのがこちらです。

DSCN5573.JPG

おまけに 栗の横っちょにミント葉を飾って![バースデー]いろいろなものを作って来ましたが 実用性のある小物入れのフエルト・クラフトでは おいら一番のお気に入りシリーズがこのタルトの小物入れなのです。[わーい(嬉しい顔)]

DSCN5572.JPG

ちなみに同シリーズ(大元の作品は[本]テキストの作品がオリジナルなのです。)が 今回のを入れて5種類くらい?ありますので 近いうちに一緒に写真を撮ってUPしたいと思っております。[カメラ]

************************************

[るんるん]暑くは無いんだけれど 寒くもない。やがてくる寒い季節を前に せつないわけでもないのに どこかもの悲しい空気感を感じる。無に近いような虚無感。けれど寒くはない。人の温もりが欲しいと言うほどではない。ただほんの少しの間だけ 立ち止まって時の流れに目を凝らしてみたい。。。先に進むために。そんなことを感じ始めたのは この曲が流行った頃が最初だったんじゃないかと・・・。[るんるん]

DSCN5586.JPG 「愛はかげろう」 雅 夢(が む) 1980年09月25日発売 デビュー・シングル YAMAHAのポプコン コッキーポップという言葉が使われなくなってどれくらいの時がたつのだろうか?今年の春に復活イヴェントが行われたという記憶は まだ新しいのですが とても懐かしくとても遠い記憶のように感じる位に時間は流れていた。ソングライターの登竜門と言われた ポプコン(ポピュラー・ソング・コンテスト)からは 多くのアーティストが輩出され 現在でも活躍中という方も少なくない。

(敬称略)中島みゆき 小田和正(ジ・オフコースとして) 赤い鳥 世良公則 谷山浩子 八神純子 渡辺真知子 佐野元春 長渕 剛 小坂明子 小坂恭子 庄野真代 因幡 晃 円 広志 石川優子 クリスタル・キング・・・あげたらキリがないくらいに ポプコン そしてコッキーポップを布石に 自らの音楽の世界を世に送り出し 数々の大ヒット曲が生まれた。

1980年に ポプコンから登場した男性二人組のデュオ雅夢(がむ)もその才能を見いだされたひと組。活動期間は4年と短かったのですが メンバーの三浦和人さんがソロとして現在も活躍されている。9枚のシングルと7枚のアルバムを発表されましたが このデビュー曲が発売後 じわじわと売上を伸ばし 1980年の秋から翌年春先にかけて「愛はかげろう」が1981年度の年間売り上げの13位にランクイン。シンプルながらタイトル通りに 心の微妙に揺れ動く情景を 時に切なく時に強く洗練されたハーモニーで奏であげられ大ヒット。一発屋的なイメージもありましたが その後も よりせつなげに燃え上がる 「悲しくて」(2枚目) 「浮雲」 「秋時雨」と スマッシュヒット作を発表。現在はソロとして活躍されているゆえに 当時のハーモニーは残念ながら聴く事は出来ませんが 残された音源には随所に季節感がちりばめられていて 決して明るくはないけれど 人の感情の切ない部分を代弁してくれるような 静かな暖かさがじわじわと沁て来るんですよね。

秋を感じる頃になると ふとそのメロディーに浸って 流れる時間を出来るだけゆっくりと感じたくなるのです。その時は決して止めずに。

    

************************************

DSCN5582.JPG

もの想う秋に 何を思うのか・・・うんも。[猫] 鼻にクリーム付いてたりするけれど・・・。[目]

先々週よりも 先週よりもという具合に 葬儀前後よりはやや時間の余裕は出来ていますが 本位牌を注文したり 49日及び納骨の日に用意する卒塔婆の注文を出したり はたまた銀行の手続きと 普段の生活の仕事と一般家事が重なって うとうとしながら 眠りにつく時が一番幸せに感じちゃうこの頃です。それまでは 二人分で済んでいた夕飯の準備も1人前増えて 食べさせてから別宅へ母親を送って行く(その際に祭壇に線香を供えて来るわけです)ので だいぶブログにかかわる時間も少なくなりがち。でも書きたい事はいっぱいあるし いつも以上に一日24時間以上あればいいのに!とないものねだりしたくなってしまいます。

普段は (もともと)あまり必要以上に話をしませんが 先日は 車でCDを聴いていて その中の一曲に入っていた ちあきなおみ「喝采」を聴きながら 母親が ちあきなおみさんが 旦那様をなくされて表舞台から 身を引いた状態にいる気持ちが ”なんだか判るような気がする” と言っていたのが印象に残っているのです。とはいえ 仕事も持ってますし それが生きがいの母親ですので 今はまだ疲れてはいるものの すぐにではないにしろ けじめに一線を引こうとして自身がこのままだといけないという気持ちがあるのが嬉しく感じました。世の中には たくさんいらっしゃるであろう ”つれあいを亡くされた方が新しい生きがいを見つけ 残された者の生活が謳歌出来るようになるまで どれくらいの時間がかかるのだろうか?” ということを口にした事に どう答えたらいいのだろうかと 言葉を選べなかったのもおいらなのです。[目]

あまり何でもかんでもやり過ぎて(とはいえ おいらがやらなくては ならないこともかなりあるので) 親の為にもならない事はしたくないので うまくサポートはしながら 母親の意欲もそぐことなく 新たな軌道が早く見えて来る事を願いたいなと思う彼岸の入り(記事を書いている時点)です。

今年の夏は 尻切れトンボというか 突然ピリオドみたいな 初めての経験(そっちじゃないって![爆弾])になっちゃいましたが 振り返りつつも 秋に一歩づつ踏みこんでいこうと思います。[足]

この記事が更新される頃は 台風なう!かもしれない。当たり年の今年。大きな被害が出ないことを切に願います。[台風]

次回更新も一週間後の週明け頃に 更新出来ればと![メモ] それでは今回はこのあたりにて ぐな~ぃ。[夜]


nice!(127)  コメント(45)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

見慣れた景色に新しい記憶が。。。 [れびゅー]

[メモ]今回も簡易更新です。(でも書いているうちに そうでなくなる気配も無きにしも非ずだが。)[ペン]

告別式から一週間が過ぎましたが 毎日何かの手続きや関連のことで出たり やはり(母親自身の仕事もありますので)気丈ではいるものの放っておくことも出来ないので 母親を別宅へ帰るまでに夕飯を作って食べさせ 送って祭壇に線香を供えて帰って来てから家事をこなしたりと かなりこの一週間は眠気にも苛まれヘヴィな日々だったなと振り返るのでした。

DSCN5467.JPG

8月24日に始まった怒涛の日々は こんな風景を砂浜で楽しもうかな・・・ということも置き去りにして 過ごしやすい気温の初秋になりつつあります。(この画像は 9/6に 医療機関に支払いに行った帰りに 検見川の浜の見える道路脇の駐車場に数分車を停めて。[カメラ]

DSCN5464.JPG

もうかなり昔の事 幕張新都心とその界隈の居住地区の仕事で毎日通って以来 連日こんな景色を見ながら医療機関に向かいました。時に深夜ということもありましたが この景色を見る度にしばらくはいろいろ思い出すんだろうなと。[車(セダン)]

************************************

[アート] フエルト・すい~つのコーナー [バースデー]

一時期腱鞘炎で 気分転換のフエルト・クラフトも様子を見ながらってことがありましたが 2週間以上も針も刺繍糸も持たない日は フエルトクラフトを始めた6年前から無かったかもしれません。そもそもは パニック障害のリハビリのために始めたことだったんですが あの東日本大震災の時も傍らには 針と糸があって 何かと支えにはなっていたんですよね。でも今回の事で 針も糸も無くても 改めて完全にパニック障害を克服することが出来たことを知ったのかも!いろいろな方のアドバイスで おいらは医療機関に通ったり 投薬治療という選択をせずに 打ち勝つことが出来たのかもと思うのです。

日々の多忙さに追われて きついな。。。と思うことはあっても 動悸が激しくなったり 立ってられなくなったりということは全く無くなったわけなんですよね。まあ時間はかかってしまったり 仕事をかなりカットしたり 経済的リスクは まだまだ残っているけれども気持ち的な余裕は自己の力で勝ち取ったように感じたりするのです。[手(チョキ)]

DSCN5483.JPG  DSCN5491.JPG

11日の日曜日は 夕方のぷち仕事以外予定を入れずに ゆっくり出来たので その際に数週間ぶりに針と糸を持ちました。感覚は狂ってはいないんですが どうも思ったように行かないんですよね。きっとやらなきゃいけないという観念が先に来ていたんだろうと思うんですが 二度三度失敗して どうして こう気が乗らないんだろうと思いながら三度目の正直で 数種類作っている タルトの小物入れのベース部分だけ完成しました。[バースデー]

DSCN5507.JPG

フエルトクラフトをやめるということではないんですよ。同じものを作るにしても いろんなアレンジを考えたり ひと針ひと針大事に縫って 今まで以上にクオリティの高いものを 更に楽しんで作るのも良いことかなと思う日曜の午後でした。[プレゼント]次回には ふたの部分も完成できそうです。[アート]

************************************

[るんるん]このブログの中でもかなり何度か ぼやいていることなんですが 1977年の夏に出掛けた 遠縁の親戚宅がある長野県木曽福島。御嶽山が噴火してから間もなく2年になりますね。おいらは その子供の頃の記憶をたどって木曽路を旅したいと思いながら今年も夢は叶わず。盆地だから夏はかなり暑いから これからの時期が出掛けるには一番良い季節かもしれないですね。[るんるん]

1977年春 「あずさ2号」という流行歌と共に列車の旅が大人気となりました。おいらは小学校五年生に進級した頃。そんな列車の旅に憧れたのがきっかけで 信州への旅行が叶ったのでした。実際は列車ではなく 車で何時間もかけて出掛けたのですが その記憶は今でも新鮮に残っている。そしてその記憶を もう一度この目で確かめたいと思うようになって何度も何度も同じ季節を見送るのでした。いったい何時行くことが出来るのかな。。。そして「あずさ2号」を歌っていた兄弟デュオの狩人(かりゅうど)は第二弾として発売したのが今回の一曲。今まで何度か登場していますが この作品を聴く度に おいらは 中山道を西へ 木曽路へ旅立ちたくなるのです。子供の頃の記憶には 真夏の沢の煌めきと冷たさが一番の記憶で コスモスは咲いてないけれど もの思う季節に旅に出られたら その感動は更に永遠の物になるんじゃないかと 欲望は膨らむばかりなのです。

DSCN5508.JPG 「コスモス街道」 狩人 1977年08月25日発売 セカンド・シングル。同年3月25日に 「あずさ2号」でデビュー後 あっという間にスターダムにのし上がり 兄弟デュオという珍しい形で 特にハモリを重視した歌唱力と二人の個性とルックスが大人気の要因に。同年の新人は 粒ぞろいで 彼らをはじめ 清水健太郎 高田みづえ 榊原郁恵 清水由貴子 太川陽介という ルックスも歌唱力も持った新人の当たり年。そのほかにも 川崎麻世 香坂みゆき 大場久美子 渥美二郎 岸本加世子 今では大御所となった 長渕 剛 松山千春 役者としてのみでなく歌手としても活躍している 水谷 豊・・・と 現在でも活躍されている方がデビューを果たしている。

狩人は 当時同じレコード会社に在籍していた 小柳ルミ子さんのディスカバー路線を引き継ぐような形で 日本の四季と抒情を表現した作品を中心に次々に発表。「あずさ2号」 「コスモス街道」 「若き旅人」 「青春物語」 「みちのく夏愁」 「国道ささめ雪」 「アメリカ橋」 「悲しみクライマックス」 「白馬山麓」 「日本海」・・・等数々のヒット作を発表。一時は解散して それぞれの道を進んでいましたが 現在はソロとして またデュオとして再活躍中。  

************************************

DSCN5485.JPG

[猫]朝晩 過ごしやすい気温になってきたこの頃。うんもは 今秋初めて布団の温もりを感じているようです。と言ってもまだ布団に入るわけじゃなくて しっぽが隠れるくらいに被せたら居心地が良いようで![わーい(嬉しい顔)]

来週(19日)は 秋の彼岸の入りですね。(おはぎが楽しみ![レストラン]) 今年は おいらの家の先祖だけだけれども 来年の春の彼岸からは 新たに義父の眠ることとなる親戚宅の霊園にも お伺いしなくてはなと![かわいい]

10月の半ばくらいまでは しばらくまだ多忙な日々が続くと思いますが もうピークは過ぎようとしているので その頃には時間的余裕が出来そうです。前々記事より コメントや御訪問が遅れちゃっていますが 気負わずマイペースで動かせて行ければと思いますので ご了承願えればとても有難いです。

記事でも触れましたが 残暑があったとしても もう夏ではないですよね。おいらもちょっと風邪をひきそうでした(しかしひけない。。。おばかな証拠です。)が 夏の疲れが一気に出そうな時期到来です。みなさま 体調崩されたりしませんように!そして嬉しい秋の味覚を十二分に堪能しませう!(奮発して 初秋刀魚買って来てあるから 大根とすだちを買って来なくちゃ!)[レストラン]

やはり長くなっちゃったでしょ![爆弾]ブログはやっぱり 良い気分転換になっているようです。[目] 次回更新は あえて未定とさせていただきますが 今まで通りに 週一更新出来ればと思っております。[メモ]さ~て 近所で 秋の気配を見つけられればなと思いながら 今回はこの辺にて。[時計]おはぎのことを考えながら ぐな~ぃ![夜]


nice!(132)  コメント(55)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | -